【11】地天泰 -ちてんたい-

卦辞かじ

11地天泰

嵐が去り、穏やかで安定した状態に。感謝の気持ちを忘れなければ幸福に満ち溢れるでしょう。

地天泰ちてんたいの意味・成り立ち

上卦が陰爻3つの「地」、下卦が陽爻3つの「天」、そこに安泰を意味する「泰」で構成されているのが地天泰(ちてんたい)です。地が下へと向かい、天が上へ向かおうとすることで、2つの気が交わり最高のパワーを発揮します。新たなことを始めるのにもよいタイミング。悩みのない幸せな運気を暗示してもいるでしょう。

解釈

最高のハーモニーにある大吉の卦とされています。調和や平和なども意味しているため、気の合う仲間に恵まれたり、相思相愛になれることもあるでしょう。子宝に恵まれることもあるかもしれません。それまで抱えていた悩みから解放され、幸せをひしひしと感じられることも暗示されています。しかし、幸福に有頂天になっていると、周囲の嫉妬ややっかみを買い運気が下がるのは世の常と言えるでしょう。この卦が出たら、より一層の感謝と謙虚な気持ちを忘れないことが大事だとされています。

記事が気に入ったらシェア

六十四卦の意味