【32】雷風恒 -らいふうこう-

卦辞かじ

32雷風恒

継続することが大事なとき。変化を求めず、目標達成に向けてコツコツ努力するのがよいでしょう。

雷風恒らいふうこうの意味・成り立ち

変わらないことを意味するのが、雷風恒の「恒」の漢字です。上卦の「雷」と下卦の「風」は、両方とも季節の微妙な動きに合わせつつも、基本的な部分は変わりません。つまり、この卦には新しいことを始めるのではなく、今まで通りでいるのがよいという暗示が秘められているのです。

解釈

この卦は継続などを意味しているので、未経験だとか苦手なことにチャレンジするよりも、やり慣れていることを選ぶほうがよいと考えられます。人脈なども広げず、昔ながらの友人知人を大切にしましょう。恋愛においても、新たな恋の相手を探すよりも、たとえ不仲であっても今の関係を続けるのがよいとされます。すべてにおいて、慣れ親しんでいることを選べば無事に乗り切れるでしょう。多少退屈でも、その安定を楽しみ喜ぶ気持ちを持つことが大事だとされています。

記事が気に入ったらシェア

六十四卦の意味