【20】風地観 -ふうちかん-

卦辞かじ

20風地観

表面的な部分に惑わされず、心の目で物事を見るのが大事。慌てず落ち着いて行動しましょう。

風地観ふうちかんの意味・成り立ち

陽爻の勢いが衰え、陰爻に向かっているのが、風地観です。陽爻が残り2つであることから、衰退の意味を持ちます。何かと、落ち着かず不安になりやすい状態を表しています。また、「観」は観察を意味します。しっかりと観察し、心の目で判断することで失敗を防げるという教えもあります。

解釈

この卦が出たら、気分が落ち着かず、悩むようならあえて動かないのが賢明とされています。複雑な情報が入り組んでいる時期なので、容易に決断しないほうが安全と言えます。また、頑固になるよりも流れに身を任せましょう。恋愛は自然消滅や危うい状態にありますが、なるがままを受け止めるようにするのがよいとされています。礼儀正しく、道理に従い、従順な思考を持っていれば吉を招くこともできると言えるでしょう。

記事が気に入ったらシェア

六十四卦の意味