【36】地火明夷 -ちかめいい-

卦辞かじ

36地火明夷

運気低迷。強気に出るのは危険なとき。目立たぬよう裏方にまわり、日が昇るまで辛抱しましょう。

地火明夷ちかめいいの意味・成り立ち

何かとトラブルが多いとされるのが、地火明夷です。「夷」には滅亡や傷つくなどの漢字。また、「明夷」で明るさが衰えるという意味になります。さらに、「地」の下に「火」が位置していることから、暗闇、夜を表します。ただ、明けない夜はないので、ここは忍耐強く過ごしなさいという教えも含まれています。

解釈

太陽が沈んでいる様子から、芳しい状況にはないと解釈されます。見通しが暗く、下手に動くと闇夜に転んでしまうような状態になることも考えられるでしょう。ここは慎重に、一か八かの勝負などには出ないほうがよいとされています。しかし、悪い運気が永遠に続くわけではありません。太陽が昇れば、状況は徐々に改善されていきます。それまでの辛抱。静かに大人しく、目立たないように行動するのがよいと考えられています。

記事が気に入ったらシェア

六十四卦の意味