【49】沢火革 -たくかかく-

卦辞かじ

49沢火革

ほんの小さな変化は凶。しかし、正しい選択による思いきった大きな変化であれば吉と出るでしょう。

沢火革たくかかくの意味・成り立ち

沢火革は、「沢」と「火」という相反する組み合わせです。さらに、「革」は革命を意味する漢字。つまり、この卦は、衝突から変化が起きる状態を暗示しています。守りたいものが壊れる意味を持つ一方で、転職や離婚、引っ越しなど思いきった決断をして状況が好転する可能性も秘めています。

解釈

大きな変化を表すことから、守りきれない運気にあるとされています。例えば夫婦仲や恋人との関係であれば、改善しようと努力しても、まったくラチがあかず、むしろ状況が悪化することも考えられるでしょう。倦怠期を解消すべく、刺激を与えても無駄な努力に。しかし、思いきって離れてみると、問題がきれいさっぱり解消されることもあります。また、正しい方向に向かおうとしている変化であれば、周囲は賛成し、力を貸してもくれるとも言えるでしょう。

記事が気に入ったらシェア

六十四卦の意味