【23】山地剥 -さんちはく-

卦辞かじ

23山地剥

足元が崩れおちていく。弱点を補い、歯を食いしばって耐えれば乗り越えられるでしょう。

山地剥さんちはくの意味・成り立ち

5つの陰爻の上に、かろうじて1つだけ残っている陽爻で成り立つのが山地剥です。「剥」ははく奪の意味。山肌がどんどん削られていく様子を表していることから、崖っぷちに追い込まれることを暗示しています。しかし、どうしようもない大困難ではなく、補強や手当をすることで乗り越えられる運気でもあります。

解釈

窮地に立たされることが暗示されている卦です。秘密がバレたり、家計が火の車になったり、左遷やリストラなど、困難なことがあるかもしれません。しかし、しっかりと頭を巡らせ、地道でも状況を立て直すようにしていれば、乗り切れる運気でもあると考えられます。弱点を強化するべく勉強したり、訓練を受けたりすることもよいと言えるでしょう。また借金返済や節約計画を立て家計の見直しをするのにもよいと考えられているときです。

記事が気に入ったらシェア

六十四卦の意味