甲午 -きのえうま-

甲午きのえうまの性質・解釈

甲は、まっすぐにそそり立つ大木を表しています。一方で午は、陽気で派手好きという意味を持っています。この2つの性質を併せ持つ甲午は、憎めないような愛嬌のよさが出てくる干支だと言えるでしょう。午の明るさや派手好きな一面を、堂々とした大木のようにまっすぐに包み隠さず表現する。とてもシンプルな華やかさが現れるのです。だからこそ、周囲から見れば憎めない性質となるのでしょう。また、甲のまっすぐさは、まじめさとして現れることも多いと言えます。そして、まじめに取り組んでいることに対しては、プライドが高くなり融通がきかなくなるという傾向もあるでしょう。熱心になっているときに、いかに冷静さを保つかが、過ごしやすさを左右するとも言えます。

記事が気に入ったらシェア

六十干支の意味