丁巳 -ひのとみ-

丁巳ひのとみの性質・解釈

丁は、いろりやたき火など、人がおこす火を表しています。一方で巳は、研究心や情熱を意味しています。この2つの性質を併せ持つ丁巳は、穏やかで柔和な印象をもたらす干支です。暖を取る火のように、人の心を和ませる柔らかさがあると言えるでしょう。また、火を利用して何かをつくったり生み出したりすることから、創造性にも恵まれた性質を持っていると解釈できます。ただ、火は柔らかかいだけではありません。小さな火でも熱いように、丁巳は、内面に激しい熱を持った野心を秘めている干支です。そのため、独立心も旺盛だと考えられるでしょう。ただ、そういった激しさは、あくまでも内面的なもの。表面的には、人の心をほっとさせる温かな火の性質を保っていきます。

記事が気に入ったらシェア

六十干支の意味