甲子 -きのえね-

甲子きのえねの性質・解釈

甲はまっすぐに堂々とそそり立つ大木を表します。一方で、子は行動力や財を象徴していて、まっすぐに伸びていく種という意味もあります。この2つの性質を持ち合わせている甲子は、まっすぐさという性質が強く前面に出てくる干支です。曲がったことは許せず、嘘のない性質を持っています。自分の行動に自信を持てる強さがあるでしょう。また、人に対してもまっすぐな見方や受け止め方をする干支ですので、温和な接し方が現れます。ただ、内面には繊細さや内向的という性質も含んでいます。その繊細さを隠そうとすると、プライドの高さにつながってしまう場合もあるかもしれません。殻にこもらずに開放的になることで、元来の頭のよさや鋭い感覚を生かせると言えます。

記事が気に入ったらシェア

六十干支の意味