己卯 -つちのとう-

己卯つちのとうの性質・解釈

己は、田園の中の湿った土を表しています。一方で卯は、温厚さや従順さを意味しています。この2つの性質を併せ持つ己卯は、繊細さや慎重さといった特徴を持つ干支だと言えるでしょう。ぬかるんでいる田んぼや畑の中を進んでいくには、細やかな神経を使って慎重にならなければなりません。その状況の中で卯の温厚さが出てくると、足元の植物や小さな虫にも目がいきます。こういったことから、この干支は、人情に厚い一面もあると解釈することができます。人の心を読む直感力も、年々鋭くなる傾向にあるでしょう。ただ、ぬかるむ場所を進むときに下を向くことが多いように、己卯は、内向的な特徴も持っていると言えます。思い切り自分を開放できる時間や相手を確保することが、この干支が本来の温かみを保っていく秘訣だと言えるでしょう。

記事が気に入ったらシェア

六十干支の意味