戊午 -つちのえうま-

戊午つちのえうまの性質・解釈

戊は、山や堤防などの動かない土を表しています。一方で午は、陽気で派手好きという意味を持っています。また、双方とも、中央や真ん中も意味しています。この2つの性質を併せ持つ戊午は、人々の中心にいるリーダー。それだけの威厳や貫録を備えた干支だと言えます。存在感だけでなく、頭の回転もいい干支で、しかもどんと構えた山のような温厚さも特徴だと言えるでしょう。ですから、パッと見た雰囲気にもリーダーの品格を備えており、一度先頭に立てば経ち続けることを求められるはずです。ただ、そういった面から、プライドが高くなりやすいのも、戊午の特徴だと言えるでしょう。謙虚さを保つことが、この干支の知性を光らせるポイントにもなります。

記事が気に入ったらシェア

六十干支の意味