乙巳 -きのとみ-

乙巳きのとみの性質・解釈

乙は美しい草花を表しています。一方で巳は、研究心や情熱を意味しています。この2つの性質を併せ持つ乙巳は、向上心を持って物事を安定させていくという特徴が出てくる干支です。草花は、ときに踏まれてしまうこともあります。しかし、そこから情熱を持って立ち上がることで、安定した強い根や茎を育てることができる。そういう、小さな植物の強さを宿しているのが乙巳。ただ、その強い向上心は、表に出てくることは少ないはずです。表面的には草花のソフトさを保つだけの繊細さを、内面に持っているのです。そういったバランスが、センスのよさにつながることも多いと考えられるでしょう。やや優柔不断で移り気な性質も含む干支ですが、それも温和という印象になるのが特徴です。

記事が気に入ったらシェア

六十干支の意味