甲辰 -きのえたつ-

甲辰きのえたつの性質・解釈

甲は、まっすぐに堂々とそそり立つ大木を表しています。一方で辰は、正義感や信用という意味を持っています。この2つの性質を併せ持つ甲辰は、とてもまじめで慎重、そして穏やかな気さくさな雰囲気がある干支です。一心に空を目指す木のようなまっすぐさの中で、人の信用をとても大切にするという特徴があります。だからこそ、人当たりが穏やかで温厚になるのでしょう。周囲に安心感を与える干支だと言えます。ただ、信頼を重視するために、自分自身の考えやこだわりに執着するという傾向は弱いと言えます。そのため、自分の意志で何かを決めなければならないときには、優柔不断になることもあるかもしれません。しかし、本来は堂々とした性質を持つ甲辰。迷ったときに自分を信じていい干支なのです。

記事が気に入ったらシェア

六十干支の意味