丙戌 -ひのえいぬ-

丙戌ひのえいぬの性質・解釈

丙は、照り輝く太陽の火を表しています。一方で戌は、勤勉さや努力家といった意味を持っています。この2つの性質を併せ持つ丙戌は、屈託がない明るさで堅実に進むという特徴が出てくる干支です。暖かく注ぐ太陽の光の下で、過ごす犬をイメージすると、性質が分かりやすいかもしれません。疑うことなく物事を信じることができ、その中で自分にできることをまじめにコツコツと行っていく。そう解釈することができます。この干支の人は、裕福な家に生まれることが多いのも、1つの特徴的な傾向です。ただ、のんびりした性質があったり、大きなことには慎重になったりするために、どこか控えめな印象を与えることもあるかもしれません。しかし、そんなときでもどこか上品さや余裕を感じさせるのが、この干支の特徴なのです。

記事が気に入ったらシェア

六十干支の意味