【手相占い】なぜか周囲に人が集まってくる! 人気者になりやすい手相ベスト3

【手相占い】なぜか周囲に人が集まってくる! 人気者になりやすい手相ベスト3

 同じことをいっても、人気者とそうでない人はウケ方が違います。人気者になりたい。人気者になって、楽しい毎日を送りたい。そう思っている人も多いでしょう。自分が人気者の素質を持っているかどうかは、手の平を見るとわかります。今回は、人気者の手相をランキング形式で紹介します。

第1位 人気線がある……誰からも愛される

 人気線とは、月丘(小指側、手首上のふくらんだ部分)の下部から運命線に向かって斜め上に伸びる線のこと。別名「引き立て線」や「寵愛線」ともいいます。この線が出ている人は、誰からも好かれやすく、どこにいても周囲に人が集まる傾向があります。チヤホヤされやすいのはもちろんのこと、引き立てや特別待遇といった好意も受けやすいのです。もし、人気線が出ているのに人気を実感できていないのなら、アピール不足かもしれません。もっと自信を持って自分らしさを発揮していくといいでしょう。

第2位 ユーモア線がある……話術で人を惹きつける

 ユーモア線とは、感情線(小指の下から人差し指方向に向かって伸びる線)の始まり部分にあらわれる、斜めの短い支線のこと。(小指の下あたりの感情線に支線がないか調べてみましょう。)ユーモア線が出ている人はウイットに富んでいてジョークがうまく、話術がたくみです。人を楽しませる才能があるので、どんな場所でも周囲に笑いを巻き起こしたりして、人気者になれるでしょう。もし、あなたの手の平にユーモア線が出ていたら、自分の笑いのセンスをセールスポイントにしていくとよさそうです。

第3位 金星帯がある……独特の雰囲気が愛される

 金星帯とは、人差し指と中指の間から、薬指と小指の間にかけて弧を描くように伸びる線のこと。金星帯が出ている人は感性豊かで高い美的センスの持ち主。また、1人静かに空想にふけるようなところがあったりします。そのため、「雰囲気のある素敵な人」として周囲から好意をもたれることが多いのです。ちなみに金星帯はくっきり出ていることはマレで、たいていは切れ切れであることがほとんどです。もし、金星帯がくっきりしていたり、二重三重であったりする場合は、人気者の素質も強まっていきます。

 人気者であり続けるためには、人からの好意を当然と思わず、周囲に感謝の気持ちを持つことが大切です。そうすれば、人と共に大発展の人生を送っていけるでしょう。
(夏川リエ)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事