【手相占い】なぜか不倫や二股ばかり……異性にだまされやすい手相ワースト3

【手相占い】なぜか不倫や二股ばかり……異性にだまされやすい手相ワースト3

 独身のフリをした既婚者に弄ばれてしまった。二股をかけられていた。恋人に大金を持ち逃げされた……。そんな風に、異性にいいようにだまされてしまう人っていますよね。今回は、「異性にだまされやすい手相」ワースト3を発表します。

第1位 感情線に下向きの支線……情にほだされてしまう

 「感情線」とは、小指の下から人差し指方向に向かって伸びる線のこと。感情線から下向きの支線が何本もあらわれている人は、情の深いお人好しで、優柔不断な傾向があります。「最近、妻とうまくいってなくて」などとウソぶく男性に、同情心を利用されて深い関係になったり、甘えられてズルズル流されたり……。もし、あなたがこの相の持ち主なら、変に弱みをみせてくる異性には心を許さないようにしましょう。自分が泣きを見ないため、泣きつかれても毅然とした態度をとることが大切です。

第2位 薄い知能線が月丘下部に伸びる……「恋は盲目」を地でいく

 「知能線」とは、人差し指と親指の間から、手の平を横切って伸びる線のこと。「月丘」とは、小指側の下部、手首上のふくらんだ部分のこと。知能線が長くカーブして月丘下部(手首方面)に伸びる人は、想像力豊かなロマンティストで、「恋は盲目」になりやすいタイプ。さらに知能線の線が全体的に薄いと、そこに考えなしの要素が加わって、ますます現実を直視しなくなります。悪い男にだまされても、相手を理想の王子さまと信じきり、周囲をあ然とさせるでしょう。

第3位 結婚線が下降している……恋愛運がダダ下がり

 「結婚線」とは、小指のつけ根と感情線の間にある、横方向に伸びる線のこと。結婚運のほか、現在の恋愛運もこの線にあらわれます。結婚線が感情線に届きそうなほど大きく下降している人は、恋愛運そのものが急降下中! 普段なら引っかからないような口の上手い浮気男に弄ばれたり、不倫のワナにはまったりしがちです。もし、あなたの手の平にこの相が出ていたら、恋愛相手は慎重に選ぶようにしましょう。誰が見ても「遊び人」を買いかぶったりしないよう要注意です。

 「異性にだまされやすい手相」がある人は、相手を信じすぎないようにすることです。お付き合いをするときは、くれぐれも慎重に。イギリスの著名な経済学者、アルフレッド・マーシャルの言葉「冷静な頭と、あたたかい心」を肝に銘じておくといいでしょう。
(夏川リエ)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事