タロット占いに使う道具

様々なデッキ

フランスで使われていたマルセイユ版、黄金の夜明け団によってデザインされたウェイト版が、現代もっともポピュラーなデッキです。そのほかにも、アレスター・クロリー監修で製作されたトート・タロット。そして、マルセイユ版を元にフィリップ・カモワンとアレハンドロ・ホドロフスキーによって製作された「カモワン・タロット」なども広く名が知れ渡っています。これ以外にも、各占者が独自に出したオリジナルデッキも非常に多く、見ているだけでも楽しめるものだと言えるでしょう。また、濱口善幸さんが愛用していることでも有名な白猫タロットなど、絵柄に注目したデッキもあります。

現在実に多くのデッキがありますが、それぞれ意味合いや解釈が異なります。そのため、純粋に絵柄の好き嫌いで選ぶ方法もありますが、何を占いたいかによって使い分けたり、混ぜるのもよいでしょう。初心者は解説本が多いマルセイユ版やウェイト版がおすすめです。

タロット占いを行うにあたり

タロット占いをするときは、静かで集中できる環境で行います。基本的には机の上にカードを広げて行うものですが、その際は布などを敷き、シャッフルやカット、展開してください。この布ですが、タロット占い用の「タロットクロス」などがあります。

様々な道具

タロット占いは、基本的にはカードがあれば占うことができます。ただ、その場を清めるためにクリスタルを置いたり、お香を焚く人も少なくはありません。この場合のお香は、個人の趣味で選ぶ人が多いようです。集中して占うからこそ、気持ちをカードに向けやすくする効果があるとも言えるでしょう。また、カードを保管するために、魔よけの象徴が描かれたタロットポーチや、タロットボックスを使う人もいます。

無料のタロット占いはこちら

記事が気に入ったらシェア

タロット