[ⅩⅡ]吊るされた男

[ⅩⅡ]吊るされた男-THE HANGED MAN-

白猫タロット[ⅩⅡ]吊るされた男

白猫タロット[ⅩⅡ]吊るされた男


タロットデッキのうち大アルカナと呼ばれるカードのひとつ。
このカードに描かれている人物は、北欧神話の最高神であるオーディンをモチーフにしていると言われています。オーディンはルーン文字の解読方法を知るために、世界樹・ユグドラシルの枝から九日間にわたって首を吊り続けました。ですが、首を吊っている縄が切れたため、一命を取り留めたと神話では伝えられています。その吊されて身動きが取れない様子が特徴的なカードだと言えるでしょう。

吊るされた男の正位置

このカードが正位置に出た場合は、犠牲、努力、忍耐、自己犠牲という意味合いがあります。困難や障害を表してもいるため、今やっていることについて占ったのなら道のりはやや険しいと言えるでしょう。ただ、救済・成果という意味もあります。そのため、誰かが救いの手を差し伸べてくれ、うまくいくとも読み取れます。いずれにしても、よい結果を得るためには努力が必要なときとなるでしょう。

吊るされた男の逆位置

逆位置が出た場合は、無駄、盲目、失敗、疲労といった意味があります。そのほかにも、骨折り損という意味もあるため、努力を重ねても思うような結果にはたどりつきにくいときだと言えるでしょう。歯がゆい思いをさせられるかもしれません。視野が狭くなってしまっているため、進むべき道が他にあっても見出しにくいときです。恋愛を占った場合は片思いの暗示となりますから、あまりよいときではありません。気持ちが通じにくく、恋の実りはしばらく先になると言えるでしょう。

無料のタロット占いはこちら

記事が気に入ったらシェア