[ⅩⅢ]死神

[ⅩⅢ]死神-DEATH-

白猫タロット[ⅩⅢ]死神

白猫タロット[ⅩⅢ]死神


タロットデッキのうち大アルカナと呼ばれるカードのひとつ。
このカードは、死神がいく先々で人々の魂を狩り取る、「死の行軍」の様子が描かれています。多くのデザインで死神は大きな鎌を手にしていますが、ウェイト版タロットに描かれている死神は鎌ではなく軍旗を手にしているのが特徴的です。また、ウェイト版の死神が甲冑を身にまとい、馬に乗っているのは、ヨハネの黙示録に登場する「第四の騎士」に由来すると言われています。恐れを感じさせる図柄だとも言えるでしょう。死神は死と再生という根本からの変容を意味するカードです。

死神の正位置

このカードが正位置に出た場合は、崩壊、損失、終止符といった意味があります。そのため、物事の終わりを表していると言えるでしょう。ただ、全てが終わると読むこともできますが、「しきりなおし」「新たな始まり」と受け止めることもできます。思うように進まないことがあるのならば、一度新たな気持ちで向き合ってみるのも手だと言えるでしょう。死神は、根本からの変化を表すカードでもあります。

死神の逆位置

逆位置が出た場合は、再生、回復、復縁といった意味を持ちます。そのため、恋愛においてこのカードが出た場合は、よい意味だと言えるでしょう。特に、関係が悪化していたり、思わしくない場合はなおさらです。再出発という意味もありますから、新しく何かを始めるのにもよいときだと言えます。諦めてしまったものがあるのなら、もう一度チャレンジしてみるのもよいでしょう。

無料のタロット占いはこちら

記事が気に入ったらシェア