四神相応

四神相応の地

風水では、東西南北の四方位には、それぞれ守護神が存在するとされています。東には青龍せいりゅう、南には朱雀すざく、西には白虎びゃっこ、北には玄武げんぶ。青龍を意味するのが川や水路であり、朱雀を意味するのが平地、白虎は大通り、玄武は山や大きな建物だと考えられています。四神相応ししんそうおう、しじんそうおうというのは、この4つの守護神がすべてそろう地のことを意味しています。
つまり、東に川や水路があり、南に平たい土地や草原があり、西に大きな通りが走り、そして北に山や高い建物がある、その中心に位置する土地が、風水的に理想の条件を備えていることになるのです。

四神相応

i無料占いで人気!風水の記事はコチラ

記事が気に入ったらシェア