【みずがめ座の金運】生まれ持った財運、2022年・直近3年の金運を解説

【みずがめ座の金運】生まれ持った財運、2022年・直近3年の金運を解説

 みずがめ座は独創性が高い自由人。固定概念がなく、視野が広くて分析力があるでしょう。そんなみずがめ座がお金に恵まれる秘訣とは? この記事では、みずがめ座(1月20日~2月18日頃に生まれた人※)が生まれ持った財運、金運アップのポイント、2022年以降の金運などを詳しく解説します。

※星座は生まれ年によって数日のズレが生じることがあります。

【目次】

みずがめ座の基本の性格
みずがめ座の金運
◎生まれ持った金運
◎みずがめ座がお金に恵まれるポイント
みずがめ座の2022年の金運
向こう3年、みずがめ座の金運
◎2022年は特性を活かして学ぶと金運アップ
◎2023年後半は安心できる空間をつくると運気上昇
◎2024年前半は日頃の感謝を伝えると金運が安定

みずがめ座の基本性格

みずがめ座

 みずがめ座は少年漫画に登場する、主人公に刺激を与える主要キャラクターのようなタイプです。社会や組織に囚われない価値観に、新鮮な驚きを感じる人もいるはず。ただし、ときに客観性がありすぎるあまり、冷たい人だと思われることもあるでしょう。

 才能豊かでアイディアを実現する力があり、人を惹きつける魅力の持ち主です。頭の回転が速いため、長々とした話や、もたもたした行動に苛立ちを感じることもあるかもしれません。自分の世界に閉じこもる個人主義な傾向がありますが、柔軟に仲間を受け入れ、うまく付き合うこともできます。常に正しくあろうとするので、誰かが万事を尽くしたうえで困り果てているとわかれば、驚くほど親身になるでしょう。他人が困っていると放っておけない性質なのです。

 みずがめ座は家族をとても大事にします。伴侶になれば、いつも家庭を第一に考えるはず。派手な行事には関心がない人が多いかもしれませんが、相手が望めば、黙って協力します。家庭を円満に保つための努力は厭わないのです。

 明るくユーモアがあり、日常の一コマを特別なものにする力があるので、みずがめ座がいると周囲の人も明るい気持ちになるでしょう。普遍的で高度に抽象的で、客観的な性質を持つみずがめ座は、いつも側にいて寄りかかれる相手ではないかもしれません。しかし、身近な人にとっては、人生を別の角度から照らしてくれる光のような存在といえます。

みずがめ座の金運

みずがめ座の金運

◎生まれ持った金運

 みずがめ座はお金があるとパッと使ってしまう性質があります。自分の欲しいものを我慢するのは苦手で、いつも自由にお金を使えるようにしたいと考えがち。月末は金欠なんていうこともあるかもしれません。とはいえ、安定してお金を稼げる運気を持っているので、そんなに困ることはないでしょう。

 みずがめ座は人生においてお金が一番大事だとは思っていないので、お金が入ってくると、気前良く大盤振る舞いしてしまうことも。お金のあるときのみずがめ座は、みんなに喜んでもらうためならお金を惜しみません。その場の雰囲気を楽しんで、にぎやかに過ごすのが好きなのです。

◎みずがめ座がお金に恵まれるポイント

 みずがめ座は不動の性質を持つので、決まった仕事を、質を落とさずに繰り返すことが得意です。ただし、本人が仕事にやりがいを感じていないと、能力があっても周囲を驚かせるような成果を上げることはありません。仕事に対する意義や効率的なやり方を見出していくことで、モチベーションが上がり、仕事運や金運がアップしていくでしょう。

 無理に日常のお金の使い方を制限すると、逆にお金の巡りが悪くなってしまう場合も。生活できる最低限の金額だけを確保して、あとは好きなように使い道を決めていくほうが、お金も全体的な運気も良くなります。

 みずがめ座は、若い頃は投資したり、気持ちの赴くままにお金を使ったりする傾向にあります。でも、経済的に自立した考え方を持っているので、年を重ねるほどに倹約家になる人も多いでしょう。十分にお金があっても、切り詰めて生活しようとする可能性もあるほどです。晩年の金運は安泰なので、健康面において好ましくないほどの倹約家にならないよう注意しましょう。

みずがめ座の2022年の金運

 みずがめ座のみなさま、おめでとうございます。2022年は金運のいい時期、豊かな時期がやってきます。このご時世、経済的に苦しい状況に置かれていた人も少なくないかもしれません。2022年はその現状が好転する可能性が高いでしょう。新しく副業を始める人、貯蓄や投資が軌道に乗る人、転職や求職をして収入が増える人もいそうです。

 この金運は、みずがめ座の人が今まで努力を重ねて、自ら育ててきたからこそ収穫できる成果。なので、時期が過ぎれば消えてしまうような一時的な幸運ではありません。今まで慢性的にお金がなくて不安を抱えてきた人には、苦しみから抜け出せるいい機会が訪れます。みずがめ座が今までまいてきた種は、きちんと根を張って育ってくれていたのです。2022年は収穫の喜びを存分に味わいましょう。

向こう3年、みずがめ座の金運

みずがめ座の金運 向こう3年

 向こう3年、みずがめ座の金運はどんな運気の流れをたどるのでしょうか。長期的な視点から解説していきます。

◎2022年は特性を活かして学ぶと金運アップ

 2022年前半は、お金の巡りが回復するいい流れがやってきます。収入源に関してうれしい変化を感じる可能性大。2021年に始めた活動で、なかなか利益を得られずにいた人も、2022年には収穫がありそうです。資金繰りがうまくいくようになり、ホッと一息つく人も多いでしょう。経済活動においては、育ててきた苗が一気に大きくなる環境に恵まれる時期といえます。

 2022年後半は、インターネットなどでの発信に勢いが出てきます。何かをきっかけにフォロワーやアクセス数が急激に増えたり、頻繁にやりとりする人たちとのネットワークが生まれたりしそうです。そういったコミュニケーションの中で有益な情報を得られ、仕事運・金運にもいい影響があるでしょう。

 また、みずがめ座の特性を活かして金運アップを見込める展開が舞い込みそう。みずがめ座の人には、自分が興味を持ったことに深く突っ込んで学ぶ、専門家のような知的パワーがあります。知的好奇心の導きに従って、好きなこと、情熱を燃やせることに時間をかけてください。それは自然とこれからの財産につながっていくでしょう。

◎2023年後半は安心できる空間をつくると運気上昇

 2023年前半は、2022年後半から学んできた事柄を本格化させることで、金運をさらに上昇させられるでしょう。資格取得や語学の習得などでも、大きな成果を挙げられそうです。また、机に向かって教科書を広げるような勉強だけでなく、精神的な学びを得ることも、いい運気を呼び込みます。ヨガや瞑想をするのもいいかもしれません。

 2023年後半は、安心できる空間をつくっていくことが金運アップの鍵に。引っ越しや家族構成の変化など、何らかの形で環境が変わっていく人も多いかもしれません。経済的な制約や人間関係上の制約によって、何でも自由に選べるわけではないでしょう。けれども、何も選ばない状態では居場所はできあがらないのです。みずがめ座のひとつひとつの選択によって、みずがめ座の人にとってホッとする空間が構築されていきます。

◎2024年前半は日頃の感謝を伝えると金運が安定

 2024年前半は、身近な人との心の結びつきを丁寧に育てると金運が安定していきます。慌ただしい日々の生活の中で、プライベートはどうしても疎かになってしまいがち。ですが、その影響で生まれる焦りや後ろめたさを心に蓄積させるのは、よくないことです。大切な人に日頃の感謝を伝えましょう。少しでも時間をつくって、ゆっくりとした会話を楽しんでみてください。思いがけない臨時収入を期待できるかもしれません。

 2024年後半はあなたの胸が熱くなる、夢中になれることにフォーカスしていくと、お金や物質面での豊かさがやってきそうです。大恋愛に飛び込むのもいいし、創造的な活動にのめり込むのもいいでしょう。ありのままの自分を大切に、魂の声に身を任せて、心が燃えるようなテーマに出逢うイメージをしてみて。やりたいことに全身全霊で向き合うチャンスです。自分の才能の活かし方を見つけていくことで、金運アップを見込めるでしょう。

(Mukulu)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事