【かに座の金運】生まれ持った財運、2022年・直近3年の金運を解説

【かに座の金運】生まれ持った財運、2022年・直近3年の金運を解説

 かに座は母性的で家族愛が強く、協調性があって優しい性質の持ち主です。そんなかに座がお金に恵まれる秘訣とは? この記事では、かに座(6月22日~7月22日頃に生まれた人※)が生まれ持った財運、金運アップのポイント、2022年以降の金運などを詳しく解説します。

※星座は生まれ年によって数日のズレが生じることがあります。

【目次】

かに座の基本の性格
かに座の金運
◎生まれ持った金運
◎かに座がお金に恵まれるポイント
かに座の2022年の金運
向こう3年、かに座の金運
◎2022年は棚ぼた的なラッキーに期待
◎2023年は自分の魅力を活かせば金運アップ
◎2024年下半期は嵐の前の静けさ?

かに座の基本性格

かに座

 かに座の人は、基本的にとても優しい性格です。人が傷ついたり困っていたりするのを見過ごせません。他の人も、困っている人を助けるかもしれないけれど、かに座の人はそうしたいという思いが人一倍強い傾向があります。人間愛がとても強く、人との関わりを大切にするのです。

 12星座の中でも、トップクラスで人を大切にする星座といえます。ゆえにメンタルが左右されやすい部分があることも。けれど、普段は絶対に落ち込んだり、イライラしている様子を人に見せたりしません。明るく楽しい自分を貫き通すのです。

 とはいえ、一度心を許した人に対しては自分のダメな部分をとことん開示します。自分というものを心の奥底から理解してほしいし、そこも全部受け止めてほしいのが、かに座のあり方なのです。なので、関係性が近くなった相手は「以前とはかなり印象が違う」と感じるかもしれません。

 なお、人に喜んでもらうことに生きがいを感じるサービス精神を持ち、ムードメーカーとして人を楽しませることが多いはず。うお座など、細かな気配りで人を喜ばせるのが好きな星座は他にもあります。ただ、自身が主体となり、体を張って喜ばせようとするのが、かに座の人の喜ばせ方です。自分を犠牲にしても、人のためなら何でもしたいと思う人は少なくないでしょう。

かに座の金運

かに座の金運

◎生まれ持った金運

 生まれ持つ運としては、かに座は金運よりも人気運のほうが強い傾向あり。持ち前の“人に愛され、かわいがられる能力”で得をしやすく、ご飯をご馳走になる機会なども多いでしょう。その分、自分自身も人のことは放っておけないタイプ。出費もかさんでしまうかもしれませんが、そういう部分で、かに座の人の金運は循環しているのです。

 かに座の人はアイドルにもたくさんいます。天性の愛されキャラゆえ、人から愛されることで、誰かがお金を連れてきてくれる機会が多いよう。かに座は人が好きだし、逆に人にも好かれる素質があるのです。異性だけでなく、万人から好かれるオーラを常に醸し出しているので、かに座の人のために何かしてあげたいと思う人が周りにどんどん近寄ってきてくれるでしょう。

 そういう人々をどんなふうに活かしていくかが、お金がどのように入ってくるのかという肝になってきます。出資者に出会えればビジネスチャンスにもつながるし、ファンが集えばインフルエンサーのような、人を導く存在になれるわけです。

 かに座のポテンシャルは、お金を生み出す能力よりも人から愛される能力といえます。なので、愛されることでお金をどう生み出していくのかが重要になりそう。お金を生み出すことより、自分をどう見せたいか、という部分の方向性を定めることで、どんなふうにお金が入ってくるかが決まるでしょう。

 まずは、自分が人からどんなふうに見られたいか。どのようにして、お金を得たいか。そのキャラ設定をすることで、生まれ持った金運を活かすことができます。

◎かに座がお金に恵まれるポイント

 かに座がお金に恵まれるポイントは、まず人のために何かすること。もともとかに座は、他者のために行動するときのほうがモチベーションをアップできるのです。自分がお金持ちになりたいからというより、誰かのためにと考えたほうが、頑張ってお金を生み出そうという気持ちになるでしょう。

 なので、いくら稼ぎたいかはそのときどきで変わります。家族が困っているから、恋人の誕生日に旅行に連れて行きたいから、お世話になっているあの人に恩返しをしたいから。そのように、誰かのために何かをしたいと感じたときにお金を生み出すエネルギーがMAXになるのです。

 逆に自分が「これ欲しい」と思っている場合は、お金を稼ぐのは後回しになるかもしれません。かに座は、どんなときも人のために人がお金を動かすということがキーワードになってきます。そうなるともう、どんどん人とつながるほかないでしょう。例えば、誰にも教えたくないお金儲けの方法があったとしたら、かに座はその話をスルリと聞き出すことができてしまうのです。

 それをどう活用するかはその人次第ですが、かに座がお金に恵まれるのは、常に人と関わるタイミング。初対面だったとしても、出会った相手は、かに座の人に対してなんとなく断れない気持ちになるのです。いろいろな人にかわいがられたり、ビジネスでも何もしていないはずなのに、取引先で決定権を持つ人のハートを鷲づかみしたり。そんなこともあるので、いきなりチャンスが巡ってきます。

かに座の2022年の金運

 かに座の2022年の金運は、3月の終わりくらいから運気が上向いてきます。自分のやりたいことを定め、目標を立てることで、人との関わり合いも活発に。臨時収入が入ってきたり、ラッキーな出来事が起きたりして金運に恵まれるでしょう。

 5月には、ただ金運がアップするだけでなく、くじ引きに当たるような思いがけないことが起こったりします。2022年の下半期からは、自分に投資することで、金運が上がっていきそうです。勉強をしたり、趣味にお金をかけてみたりするといいでしょう。ただし、出費がかさみそうなので収支のバランスには気をつけて。

向こう3年、かに座の金運

かに座の金運 向こう3年

 向こう3年、かに座の金運はどんな運気の流れをたどるのでしょうか。長期的な視点から解説していきます。

◎2022年は棚ぼた的なラッキーに期待

 かに座の向こう3年間の金運のうち、2022年の金運は上々です。かに座の人はお金が入ってくると、同時に出ていくことが多い傾向あり。金運が上がるということは、出費もかさんでしまうのだと覚悟しておいたほうがいいでしょう。その分、自分に巡ってくるものだと思って、お金を使うようにしてください。

 そして、趣味ややりたいことにお金を投資する機会が増えそうです。楽しいと感じる事柄にお金を使うことは運気をさらに上げてくれるので、いい投資と考えられます。棚ぼた的なラッキーも起こりやすい時期です。

◎2023年は自分の魅力を活かせば金運アップ

 金運という意味では2023年は、まさにいよいよかに座の本領が発揮されるタイミングになります。自分の魅力を最大限に活かし、人の心を突き動かしていけば、その対価としてお金が入ってくるでしょう。

 人前に出る機会が増える2023年は、表に立つような仕事を目標としていた人にとっては大チャンスを迎える年です。そういうことに興味がなかったとしても、周りからの後押しで、人前に出ていくことになる人もいるかもしれません。思わぬ方向に向かっていくことが多いでしょう。想像もしていないところにチャンスがあり、それが結果として、かに座の人の金運につながっていきます。

◎2024年下半期は嵐の前の静けさ?

 かに座の人の2024年の金運は、上半期までは2023年の運気を継続している部分があります。なので、何かとラッキーなことが続いたり、なんとなく楽しい雰囲気にお金を払ってしまったりすることもあるでしょう。

 ですが、2024年下半期に入ると空気感が一変し、お金を使う気分ではなくなったり、人との交流にあまり興味を持てなかったり。全体的に物事への興味が薄くなりそうです。それは一時的なものですが、嵐の前の静けさみたいなところがあるかもしれません。新しいことが始まる前の無風状態のタイミングだと思って、水面下でしっかりと準備を整えておきましょう。

(橘冬花)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事