血液型【花火大会】あるある O型はギリギリに会場に行って見る場所がない!?

 夏といえば花火! 全国各地ではすでにさまざまな花火大会が開催されています。夜空に浮かぶ大輪の花火は、見る人の心を奪います。今回は血液型別に、花火大会あるあるを紹介しましょう。

A型……昼間から場所取りor桟敷席で確実に!

 年に一度の花火大会だからこそ、準備万端で挑むのがA型です。確実に花火を楽しむため、桟敷席を手配したり、花火大会の何時間も前に会場に行って場所を確保したり、気合十分。虫よけスプレーや、突然の雨への対策もばっちりです。万全の状態で花火大会を楽しむのです。

B型……色気より食い気! 屋台に夢中

 「花より団子」のB型。もちろん花火も見るけれど、まずは屋台でがっつり楽しみたいと思っています。りんご飴に、焼きそばなどあれもこれも食べたいと屋台を回っているうちに、花火が始まってしまっていることがほとんど。思い出もあれがおいしかった、これがイマイチだったなど、食べ物の思い出ばかりなのです。

O型……ギリギリに行って場所がない!?

 お気楽なO型は、花火大会だからと特に気合いを入れることはありません。会場に行けばみられるだろうという楽天的な考えで、何の支度もなく、始まる直前に行くのです。そのため、会場についたときにはすでに場所がないなんてことも……。それでもめげないのがO型。別の友達のグループに合流したりして楽しみます。

AB型……涼しい部屋で優雅に見る

 人混みが苦手なAB型は、わざわざ暑い中、人でごった返す花火大会に行くのは億劫だと思っています。花火は、エアコンのきいた高層マンションの一室でのホームパーティーや、花火の見えるレストランで食事をしながら楽しみたいタイプです。エアコンの涼を感じながら、優雅に花火を眺めるのです。

 最近は、冬にも花火大会をするイベントもあるそうです。しかし、花火といえば夏の風物詩の1つ。浴衣を着て楽しむ花火は、今このときしか楽しめませんよ。
(ZERO)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事