第8ハウス

ハウスとは

「ハウス」とは、ホロスコープの円を12個に分けた部屋のようなものです。ハウスは領域・具体的な分野を表し、一般的に上昇点(ASC)を基軸に12個の部屋に分割されます。12室の分け方はいくつかの方法があり、占うものや知り得る情報、占者によってどれを使うかが変わってきます。ハウスの分割方法のうち有名なものとして「イコールハウス」「プラシーダスハウス」の2つがあげられるでしょう。ASCを基軸に30度ずつ分ける方法は「イコール・ハウス」というものです。一方「プラシーダス・ハウス」は、具体的な時間や場所なども加味し、緻密な計算を行い分割してくため、12個のハウスはその保有する角度にばらつきが出るように描かれます。

第8ハウスの意味するもの

第8ハウスは、相続など他人から与えられた財もしくは借金を示していると言われています。他には遺言や遺伝といった意味があります。また、生と死、SEX、深い関係についても表しているハウスです。切っても切れないような、深いつながりを示します。財を示すハウスとして第2ハウスがありますが、第2ハウスは「自分で稼ぐ、自分の財」第8ハウスは「与えられるために手続きが必要となるような他者の財」をそれぞれ示します。

ハウスと惑星の組み合わせ

【第8ハウス×太陽】他者との共有を通して人生の目的を発見する。他人の人生に深く関わる。神秘、オカルト、深層心理の分野へのやりがい・興味。

【第8ハウス×月】他者との感情的なつながり。特定の相手や場との同化が安心感につながる。深層心理や目に見えない流れを受け取る感受性。

【第8ハウス×水星】他者の深層心理や関係性の背後にあることへの知的好奇心。心理学、生死や性に関わることなどに関しての興味関心。秘密主義者。

【第8ハウス×金星】他者との深いつながりへの喜び。愛されたい願望。セクシャルな魅力。心理学やオカルト的な趣味。嫉妬深い傾向。

【第8ハウス×火星】心理学・オカルト・神秘的な分野への熱中。金融関係など他社の財を扱う才能。親密な相手に対する支配欲。強引さ。

【第8ハウス×木星】他社との深い結びつきを通して恩恵を得る。家系的な資産・遺産・財産を持つパートナーとの縁。性的な奔放さ。

【第8ハウス×土星】結婚相手、事業パートナー、他社の財産に対しての責任。長生きの傾向。他者との深いつながりへのコンプレックス。

【第8ハウス×天王星】他社との深い関係で生じる束縛を嫌う。自立性を求める。個性的な性的嗜好。信念を共有する自立した人間関係。

【第8ハウス×海王星】他者やパートナーとの関係に幻想を抱く。性的関係や他者との共有財産へのルーズさ。

【第8ハウス×冥王星】オカルト・魔術・ミステリーなどとの強い縁・関心。パートナーとの性的・感情的なつながり。支配欲。

記事が気に入ったらシェア