「七赤金星」は人たらしで誰からもモテる? 性格、恋愛傾向、相性、運勢

「七赤金星」は人たらしで誰からもモテる? 性格、恋愛傾向、相性、運勢

 天空に輝く星を表す七赤金星。常にキラキラした存在で、華やかな環境が似合う星です。今回は「七赤金星の特徴」「七赤金星の恋愛傾向」「七赤金星の2021年の運勢」といった内容を紹介します。

【目次】

七赤金星とは?
◎九星気学の九星のひとつ
◎七赤金星の生まれ年はいつ?
七赤金星の特徴
◎人から見たときの七赤金星の印象
◎七赤金星はどんな性格?
◎七赤金星の行動パターン
◎七赤金星の長所
◎七赤金星の短所
七赤金星の人生
◎七赤金星の人生のテーマ
◎宿命づけられた七赤金星の一生の流れ
七赤金星の恋愛傾向
◎七赤金星の好きなタイプ
◎七赤金星の恋愛スタイル
◎七赤金星は付き合ったらこうなる
◎七赤金星の結婚観
◎七赤金星の恋愛のウィークポイント
七赤金星の相性
◎七赤金星と相性がいい本命星
◎七赤金星と相性がよくない本命星
七赤金星の金運・仕事運
◎七赤金星の才能
◎七赤金星の適職
◎七赤金星のキャリアの築き方
◎七赤金星の金銭感覚
◎七赤金星の財産
七赤金星の2021年の運勢
◎七赤金星の全体的な運勢
◎七赤金星の吉方位は?
◎2021年、気をつけたいこと
七赤金星は自分との約束を守ると信頼を得られる

七赤金星とは?

◎九星気学の九星のひとつ

 九星気学の九星とは、一白水星・二黒土星・三碧木星・四緑木星・五黄土星・六白金星・七赤金星・八白土星・九紫火星のこと。これらは世の中に存在するエネルギーを9つの「気」と考え、分類したものです。

 九星は年・月・日・時それぞれに存在しますが、占いによく使われるのは年と月の九星。人の生まれ年で決まる九星は「本命星」、生まれ月で決まる九星は「月命星」と呼ばれています。この記事では「本命星」の「七赤金星」についてお話しします。

七赤金星

◎七赤金星の生まれ年はいつ?

 1930年、1939年、1948年、1957年、1966年、1975年、1984年、1993年、2002年、2011年、2020年です。

 ただし2月3日前後に生まれた人は前の年で見る場合があります。私たちが普段、使っているカレンダーは1月1日が始まりですね。しかし東洋占いは、2月3日頃の立春を1年のスタートとして扱います。立春は毎年同じ日ではないため、2月3日前後に生まれた人は、その年の立春を調べるといいでしょう。

 七赤金星以外の本命星は、以下の表で確認してください。

七赤金星の特徴

◎人から見たときの七赤金星の印象

 「明るくて愛嬌たっぷりな人気者」、そんなイメージを周りは抱いています。交友関係が広く、多くの友人に囲まれている、という印象も強いでしょう。センスがよくおしゃれなルックスも特徴的。そのうえ面倒見がよかったりもするので、あなたと関わった人は、心を鷲づかみにされているはず。

◎七赤金星はどんな性格?

 華やかなことが大好きな社交家。自己顕示欲が強く、常に注目を浴びていたいタイプです。人気者だと自覚しているので、「自分はみんなの中心にいて当然」と思っているでしょう。とはいえユーモアに富み、人付き合いがいいため、嫌味を言われることはほとんどありません。どちらかというと、羨望の眼差しで見られることが多いようです。

◎七赤金星の行動パターン

 ワクワクすること、楽しいことに重きを置いて行動しています。それゆえ、ストレスとは無縁の人生を送っているはず。ただ、周りからは「遊んでばかりいる」という印象を持たれやすいかも。熱しやすく冷めやすくもあるので、興味の対象がコロコロ変わる傾向があります。そこが目立つと「落ち着きがない人」と思われる場合もあるでしょう。

◎七赤金星の長所

 なんといっても「人たらし」なところが、最大の長所と言えるでしょう。人の気持ちを読むのが得意で、相手が喜ぶツボも心得ています。人を楽しませるのも大好き。巧みなトークでみんなを笑顔にしているはず。人付き合いを大切にするため、人間関係に恵まれます。

◎七赤金星の短所

 プライドが高く、ときどき人を見下す態度を取ることがあるようです。素直に謝るのが苦手なので、周りは手を焼いているでしょう。本心で言っているのに、上っ面に聞こえてしまうところもあるみたい。口が達者な分、誤解やトラブルを招くことが多いかも。

七赤金星の人生

◎七赤金星の人生のテーマ

 「若いときの苦労は買ってでもせよ」ということわざがあります。若い頃の努力は将来役に立つから、進んでしたほうがいい、といった意味です。このことわざは、七赤金星の人生を指南しているといっても過言ではないでしょう。七赤金星は若年期に困難や試練を乗り越えることで、中年期、晩年期の運気が安定します。さらに、その苦労によって人格も磨かれるのです。

◎宿命づけられた七赤金星の一生の流れ

 早咲きタイプと大器晩成型がいる七赤金星。どちらにも共通して大切なのは自分磨きです。貴金属や宝石を象徴しているので、原石、つまりは若い頃から自分磨きや努力をすることで充実した晩年期を送れます。もしも努力せずに過ごしたり、恵まれた環境に甘んじたりしていたら、この先、厳しい思いをするかもしれません。宝石のように輝くには自分磨きがマストと心得ましょう。

七赤金星の恋愛傾向

七赤金星

◎七赤金星の好きなタイプ

 愛されたい願望が強く、とにかく尽くしてくれる人に惹かれる傾向があります。女性の場合は、お姫さま扱いされたいので特にここを重視しているでしょう。小さな変化に気づく、車道側を歩く……といった、気遣いができてエスコート上手な異性に胸をときめかせるのです。

◎七赤金星の恋愛スタイル

 華やかな雰囲気が異性から大人気。かなりモテるでしょう。相手からのアプローチを待っているだけでなく、好きになったら自分から告白します。まさに恋に生きるタイプ。ときには理性よりも感情や本能が勝り、危険な恋に身を投じてしまうかも。ワンナイトラブや不倫といった恋愛を楽しむ人もいるようです。

◎七赤金星は付き合ったらこうなる

 飽きっぽいところがあるので、付き合っても長続きしないところがあります。一途に愛してくれている実感がないと、浮気に走ってしまうことも。相手が自分に尽くしてくれていることが伝わると、目移り癖はおさまります。

◎七赤金星の結婚観

 結婚しても、お姫さまのように扱ってほしいという気持ちは変わりません。パートナーに毎日愛を囁いてほしいと望むでしょう。幼少時に家族からかわいがられて育った七赤金星。子どもができたら、めいっぱいの愛情を注ぎたいと思っているようです。我が子ファーストな結婚生活に憧れています。

◎七赤金星の恋愛のウィークポイント

 自分の都合のいいように解釈してしまうところがあるようです。例えば喧嘩や別れ話になったとき、原因が自分にもあったとしても「私には一切非はない。相手側に問題がある」と思い込む癖があります。実のところ、傷ついた心を隠すために、そういったマインドで取り繕っているのかもしれません。

七赤金星の相性

◎七赤金星と相性がいい本命星

 一白水星、二黒土星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星の6つです。一白水星は、よき相談相手になってくれます。二黒土星とは同じ目標を持つことで協力し合える関係に。五黄土星といると本音を言える安心感が生まれるでしょう。六白金星とはフィーリングばっちりな相性。七赤金星同士は、遊び相手として最適。八白土星とは、一緒にいてホッとできる間柄に。等身大の自分をさらけ出せるようです。

◎七赤金星と相性がよくない本命星

 三碧木星、四緑木星、九紫火星の3つです。三碧木星とはお互いプライドが高いため、喧嘩に発展しがちな相性。人当たりがいい四緑木星には、いい第一印象を抱くかも。しかし、些細な違和感から徐々に距離を取るようになるでしょう。九紫火星とは考え方やものの見方が根本的に違うので、一緒にいると息が詰まってしまいがちです。

七赤金星の金運・仕事運

七赤金星

◎七赤金星の才能

 頭の回転が早く社交上手。そんな切れ者の七赤金星が持つ、一番の武器は交渉力。相手の気持ちを読むことに長けているので、パイプ役や交渉人といった立場がベストポジション。有能なビジネスパーソンとして地位を確立するでしょう。加えて天性の人気運にも恵まれているため、周囲からのサポートも得やすいのです。

◎七赤金星の適職

 たくさんの人と関わる仕事が適任と言えます。人脈を増やす、または活用する職業に就くといいでしょう。例えば、客室乗務員やウェディングプランナー、メイクアップアーティストなど。持って生まれた人気運を活かすなら、思いきって芸能界を目指してもよさそうです。俳優やタレントにも目を向けてみて。トークスキルが高いので、司会者の仕事も合っています。

◎七赤金星のキャリアの築き方

 社交術に長けているので、人脈作りはお手のもの。その人脈の広さがビジネスチャンスを運んでくれるでしょう。仲間との信頼関係を大切にすることが、成功への鍵になります。若いうちは飽きっぽい性質が目立ち、手を抜くこともしばしば。しかし、粘り強く仕事に取り組むことを意識すると、徐々に根気が備わります。周囲からも慕われるビジネスマン・ビジネスウーマンとして活躍できるはず。

◎七赤金星の金銭感覚

 派手にお金を使う傾向があります。華やかなものを好むので、洋服や食べ物は贅沢三昧。パーティーやイベントにも足しげく出向くため、支出のほとんどは交際費や嗜好品代でしょう。そのうえ、ストレスがたまると衝動買いに走ることも。浪費癖を自覚しているのなら、余分な現金を持ち歩かないように注意して。

◎七赤金星の財産

 金そのものを象徴する七赤金星。生まれながらに金運に恵まれています。だからといって億万長者になる運命ではありません。衣食住が安定している人生を歩むでしょう。とはいえお金は、しっかりガッツリ増やしていきたいもの。コツコツ貯金型よりも、楽しみながらできる投資方法を見つけると財を築いていけそうです。

七赤金星の2021年の運勢

◎七赤金星の全体的な運勢

 2021年は仕事に恵まれる1年になりそうです。目標に向けて頑張ってきた人は努力が実を結び、評価を得られる時期。昇進やキャリアアップのチャンスにも恵まれるでしょう。この運気を生かすキーワードはチームワーク。ひとりで突っ走らず、周りに頼ることで成功を収められるはず。月で見ると、8月は良好な人間関係を築けるでしょう。人付き合いが増え、充実した毎日を過ごすことができます。仕事で成果をあげられるのが10月。11月は金運が好調な月。開運ポイントはおしゃれやレジャーにお金を使うこと。華やかな雰囲気を楽しむと吉。

◎七赤金星の吉方位は?

 2021年の吉方位は北と南、西です。引っ越しに好都合の年といえます。引っ越しを考えているなら、今年中に動くといいでしょう。引っ越し先は、住んでいる場所から北・南・西となる場所を選んで。さらには新築や土地の購入、家のリフォームにも適しています。理想の物件や希望の予算に合致するものがあったら、少し熱心になってもよさそう。

◎2021年、気をつけたいこと

 七赤金星にとって、2021年は順調かつ多忙な年です。充実感を得ながらも仕事で時間に追われることが多くなるでしょう。そんな順風満帆なときこそ「勝って兜の緒を締める」を意識したいもの。後先考えない行動や強すぎる自己主張を控えるよう心掛けてください。トラブルの元になります。今日は忙しくなりそうだと思ったら、闇雲に動くのは控えたほうがいいかも。まずは頭の中を整理してみて。余裕が生まれ、ミスが減り、仕事の質も上がるはず。

七赤金星は自分との約束を守ると信頼を得られる

 飽き性が最大の敵ともいえる七赤金星。口にしたことは必ず実行する、一度決めたことを最後までやる、これができていたらもっと“はなまる”な人生を送れるはず。有言不実行が続くと、せっかく築いた人脈も壊れてしまいかねません。自分に交わした約束を守ってこそ、周りからの信頼も得られるでしょう。

(加藤那緒子)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事