蟹座(かに座)

蟹座(かに座) Cancer

蟹座の記号

蟹座の記号

黄道十二宮の4番目の星座
エレメント:水
クオリティ:活動
ルーラー:月
・キーフレーズ「I feel(私は感じる)」

蟹座のキーフレーズは「I feel」で、自分の感情に非常に素直なのが特徴です。また情でつながる仲間・家族といった存在を非常に大切にします。母性的な愛情が豊かな一方、警戒心も強く、身内だと認める以前のつながりの相手にはひどくドライでもあると言われます。水のエレメントであり、活動宮に属するため、水の持つ感情・共感性と活動の行動力が組み合わせて解釈されます。

蟹座の性質

蟹座はとても情緒が豊かで、思いやりがあると言われています。非常に母性本能が強いため、世話好きで相手を守ることをよしとします。特に家族愛は強く、一度身内と思った相手のためには全力を尽くそうとするでしょう。安らげる空間をつくることを好み、自分の世界を大切にします。そのせいか、心を許さない相手に対しては排他的な一面を見せるでしょう。思いやり深い半面、繊細なところがあり、傷つきやすい星座でもあります。

蟹座の神話

蟹座の神話はいくつかありますが、有名なものはゼウスの子勇者ヘラクレス(ヘルクレス座)の12の冒険話の1つ、ヒュドラ(うみへび座)の退治です。この戦いで化け蟹カルキノスは、友人であり異父兄弟でもあるヒュドラが形勢不利になったため、飛び出してヘラクレスの足を挟みました。しかし、ヘラクレスに踏み潰されてしまいます。その一部始終を見ていた女神ヘラは、兄弟思いのカルキノスを哀れに思って、天にあげて星としました。

記事が気に入ったらシェア