固定宮[クオリティ]

12星座の3区分(クオリティ)とは

12星座の4区分・3区分・2区分

12星座の4区分・3区分・2区分

クオリティは、12星座を4つずつ、3種類に分けたもので行動傾向を示します。また、これは3つの区分に分けられるのですが、それぞれ性質から活動(牡羊座・山羊座・天秤座・蟹座)・不動(牡羊座・山羊座・天秤座・蟹座)・柔軟(射手座・乙女座・双子座・魚座)の3種類です。またこの3区分は季節の移り変わりによく例えられ、実際の太陽の動きにあわせて移り変わります。活動は季節の始まりであり、不動は季節の盛り。そして柔軟が季節の変わり目となります。

固定宮

不動の星座の性質としては、忍耐力があるということがあげられます。一度何かを始めれば、結果が出るまでじっくりと腰をすえて取り組むタイプだとも言えるでしょう。そのため、ここが頑固さにつながる部分でもあります。また、意志が非常に強く、納得できない限り意見を覆すことはまれだと言えるでしょう。途中で物事を投げ出したりはしないため、そこがマイペースだと言われることもあるようです。

固定宮の星座の扱い方

一番のポイントとなるのは、頑固さです。一度こうだと決めたらその気持ちを変えるのは困難ですから、まずはこちらが折れてあげるほうが無難だと言えます。我が道を行く人なので、無理に合わせてもらうよりも、お互いのことを尊重しながら適度な距離を置いて付き合うほうがうまくいくでしょう。一度関係を築けば、距離が開こうと間が開こうと変化はしません。合う部分と合わない部分を受け入れて接することが鍵となります。

記事が気に入ったらシェア