活動宮[クオリティ]

12星座の3区分(クオリティ)とは

12星座の4区分・3区分・2区分

12星座の4区分・3区分・2区分

クオリティは、12星座を4つずつ、3種類に分けたもので行動傾向を示します。また、これは3つの区分に分けられるのですが、それぞれ性質から活動(牡羊座・山羊座・天秤座・蟹座)・不動(牡羊座・山羊座・天秤座・蟹座)・柔軟(射手座・乙女座・双子座・魚座)の3種類です。またこの3区分は季節の移り変わりによく例えられ、実際の太陽の動きにあわせて移り変わります。活動は季節の始まりであり、不動は季節の盛り。そして柔軟が季節の変わり目となります。

活動宮

活動宮の星座の性質としては、まず積極的であることがあげられます。「石橋を叩いてわたる」という言葉がありますが、活動宮の場合は叩くことを考えず、わたってしまうとも言えるでしょう。基本的には慎重に物事を進めるよりも、勢いに乗って動くことをよしとします。また、主体性があり、自ら何をどうするべきかを考えて動く傾向があるとも言えるでしょう。ただ、勢いがある分、忍耐や粘り強さには欠ける部分があるようです。

活動宮の星座の扱い方

勢いを大事にする性質がありますから、「もっと考えてから行動を」「前にも失敗をしたことがあるのではないか」など、水をさすようなことは言わないほうが良いでしょう。相手がしたいようにさせてやり、さりげなく後からフォローをしてあげる、というのが関係構築の鍵となります。または、一緒になって突き進み、一緒に失敗を経験するというのも良い方法です。信頼を得ることができるでしょう。

記事が気に入ったらシェア