坎 -かん-

かんが意味するもの

06坎

坎が象徴しているのは水です。卦徳は陥や陥険を示しています。方位は北。人物では中男や船員、法律家、思索家、部下などを意味するとされています。動物なら、豚や馬、魚。また、人体の部位では耳にあたります。

坎の成り立ち

2つの陰爻の間に、1つの陽爻が落ち込んでいる構成が坎です。坎の字は土が欠けるという形から、穴や陥るという意味があります。また、低いところに流れ落ちる形から水も表しています。険しさや悪の間にある正義を示す八卦の1つです。困難、忍耐、法律などほか、あいまいさや禍なども表しています。

記事が気に入ったらシェア