道具

筮竹・筮筒・算木・掛肋器

正式な易には、4種類の道具が必要になります。

筮竹

筮竹

まずは、筮竹ぜいちく。これは、一般的にもっとも馴染みのある占い師の道具の1つでしょう。細い竹の束で、その数は50本あります。

筮筒

筮筒

これを立てるための、いわゆる箸立てのような筒を筮筒ぜいとうと言います。

算木

算木

次にいるのは、算木さんぎと呼ばれるもの。これは木製の直方体状のもの6本で、占断で得られた卦などを表すために使います。

掛肋器

掛肋器

最後に、掛肋器けろくき。これは、数えた筮竹をおいておくために使用されます。

しかし、近年では、このような大がかりな道具を揃えず、コインやサイコロなど、手軽なもので占いをする方法もあるようです。

記事が気に入ったらシェア