春社日 -はるしゃにち-

春社日はるしゃにち

生まれた土地の守護神である「産土神うぶすながみ」を祀る日を社日と呼びます。この社日は、春と秋の2回。春社日は、春分に最も近い戊の日です。この日は、産土神に参拝し、五穀の種を備えて豊作を祈願します。また、この日に酒を飲むと、耳がよくなるとも言われています。

記事が気に入ったらシェア