八十八夜 -はちじゅうはちや-

八十八夜はちじゅうはちや

立春から数えて88日目の夜のことです。この時期は茶摘みが盛んな季節でもあり、八十八夜に摘んだ茶葉は長寿の薬とも言われました。また、お茶に限らず、八十八夜は農業の吉日とされています。これは、米という字が「八」「十」「八」を重ねて出来上がることが由来です。

記事が気に入ったらシェア