【アロマ占星術】1月20日、太陽が水瓶座へ 浮き足立つ気持ちをアロマでサポートしよう!

――植物の成分や芳香によって心身を癒やすアロマテラピー。実はハーブやアロマは古代より占星術と密接に結びついてきました。私たちも古代の叡智であるアロマを使って、心地いいセルフケアをしてみませんか?

太陽で導くアロマ占星術

 私たちが現在暮らしている1カ月や1年という区切りは、太陽のリズムと一致しています。太陽は月に一度だけ星座を移動。太陽が滞在している星座は、その期間、世の中の雰囲気や人々の心身に影響を与えます。

 1月20日、山羊座にいる太陽が「水瓶座」に移動します。その後、2月19日までは、水瓶座の影響を大きく受けることになります。星座や惑星との関連植物から、この時期に起こりやすくなるメンタルの変化をよりよくサポートしてくれるアロマをご紹介します。

水瓶座太陽期の特徴

【今回の太陽の位置】水瓶座(風のエレメント)
【期間】1月20日~2月19日
【ポジティブなメンタル症状】未来志向になる、オリジナリティが高まる
【ネガティブなメンタル症状】身近なことに関心が持てない、ルールを無視する

 水瓶座は、自由で平等な世界や、発明・改革を象徴する未来志向の星座。既存の概念にとらわれず、たえず「よりよいもの」を社会に生み出そうとする革命的な一面を持っています。ITや最新テクノロジーなどと相性がいいのも水瓶座エネルギーの特徴といえるでしょう。

 その分、水瓶座の影響がネガティブに働くと、今ある現実を軽んじてしまい、未来のことや遠い世界の人にばかり関心がいってしまったり、既存のルールを無視するような行動を取りやすくなってしまいます。

 今回は、2019年を迎えて最初の太陽移動です。水瓶座が本来持っている未来志向のエネルギーを、新年の目標へと使っていきたいものです。お正月の浮き足立った気分が抜けない人や、つい突飛すぎる目標を立ててしまいがちな人は、サポートアロマを使って水瓶座パワーをケアしていきましょう!

牡羊座・獅子座・射手座(火のエレメント)……クラリセージ

 火のエレメントの人たちは、水瓶座的なエネルギーをコミュニケーション面でうまく使っていけそうな星回りになります。ただし、生来の行動力に水瓶座のエキセントリックな発想力が加わると、思いつきで暴走してしまう可能性も。人との共同作業を混乱なくやり遂げられるよう「クラリセージ」を使ってみましょう。クラリセージは、知性やコミュニケーションを司る水星のアロマ。落ち着いた交流をサポートしてくれるので、人と会う前に香りをかぐようにして。

牡牛座・乙女座・山羊座(地のエレメント)……グレープフルーツ

 地のエレメントの人たちは、水瓶座的なひらめきを仕事面に活かしていける星回りになります。一方で、地の星座ならではの慎重な性質が水瓶座太陽期の自由で未来的なパワーに歯止めをかけ、内心の葛藤が強くなってしまう可能性も。重たい思い込みから自分を解き放つことができる「グレープフルーツ」を使ってみましょう。グレープフルーツは心をハッピーにする作用が強いアロマ。朝目覚めたときに香りをかぐのがオススメです。

双子座・天秤座・水瓶座(風のエレメント)……ネロリ

 風のエレメントの人たちは、水瓶座エネルギーの影響を最も受けやすくなります。オリジナリティのあるアイデアも湧きやすく、それを表現したい欲求にも駆られるでしょう。その分、突拍子もない変化を起こしてしまう恐れも強く出てきます。水瓶座の象徴オイルである「ネロリ」を使ってみましょう。ネロリの繊細で優美な香りが、現実から飛びすぎる意識をしっかりと身体にとどめ、落ち着かせてくれます。香水のように身にまとうのがオススメ。

蟹座・蠍座・魚座(水のエレメント)……サンダルウッド

 水のエレメントの人たちは、この時期、身近な人間関係に革命を起こしたくなる星回り。しかし、水瓶座的な風のエネルギーは、水の人たちにとっては少し扱いづらいものです。そのため、いきなり家族や恋人と距離を取りたくなったり、感情的にキレたりなど、厄介な変化を起こしてしまう恐れも出てきます。自分のことも他人のことも大切に思えるよう、癒やしのアロマ「サンダルウッド」を使ってみましょう。寝る前のリラックス瞑想に使って、日々のストレスをまめにリリースして。

 水瓶座太陽期の影響は、太陽が魚座へ移動する2月19日まで続きます。この期間は、途中に「節分」や「旧暦のお正月」も含む重要な切り替えシーズン。水瓶座的な革命&改革パワーを上手に身につけて、新しい年を素晴らしいものにしてきましょう!
(永沢蜜羽)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事