星座グループ別【ウソも方便の使い方】蟹座・蠍座・魚座は心を誤魔化したいときに!

 ウソは、基本的によくないものですが、ややこしい大人社会を生きる上では、必要悪としてのウソもあります。どんなことに必要悪としてのウソも方便を使うのか? 今回は星座グループ別に、ウソも方便の使い方をみてみましょう。

火の星座(牡羊座・獅子座・射手座)……とっさについただけのウソも方便

 思いつきやひらめきのままに行動する火の星座グループは、基本的に深くは考えないようです。困った! まずい! と思ったら、その場をやり過ごすためだけに、とっさについただけのウソも方便を使うでしょう。「そんなウソバレちゃうよ!」ということを平気でいうことも……。本人に悪気はなく、今のこの瞬間を円満に受け流したいだけで、瞬発的なウソをつくからなのでしょう。たまにウソがバレてしまうと、必殺逆切れで対処するはず!?

地の星座(牡牛座・乙女座・山羊座)……後のことを考えたウソも方便

 実直で現実的な地の星座グループは、ウソをついても無駄だと思えるようなウソはつきません。絶対にバレない、またはこういっておくと後々役に立つはずというウソをつくでしょう。その場を乗り切るだけでなく、ウソをつき通して本当のことにすることもあるはず。たとえば、関わりたくない人から「今度、飲みに行こうよ!」といわれ、「お酒の場は苦手なんだ」というウソも方便で、絶対に行かない宣言をして永久的な断りにするでしょう。

風の星座(双子座・天秤座・水瓶座)……あしらいたいときのウソも方便

 知性派の風の星座グループは、関心のないことや面倒な会話が苦手です。けれど、さすがはコミュニケーションを象徴する風グループ! 「どうでもいいよね」と、話を打ち切りにすることはしないようです。「あ、そうなんだ~なんでしょう? 聞いたことあるかもー!」などど、それっぽい感じを装いながら、ウソも方便を使って、その場をやり過ごそうとするでしょう。面倒度が上がると、知っていることや経験済みのことにすることも!?

水の星座(蟹座・蠍座・魚座)……心を誤魔化したいときのウソも方便

 感情豊かな水の星座グループは、毎日の生活の中で、人知れず一喜一憂を繰り返しています。気持ちをわかってもらいたいときもありますが、いつでも心のすべてを明かしたいと思っているわけではありません。たとえば、好きな人の前で上ずった自分を出してしまったときに、「好きとか、そういうんじゃないから!」と大慌て。周囲に確信を与えながらも、理由をつけてウソをつくでしょう。心や考えを誤魔化したいときのウソも方便です。

 思いつきの火、堅実な地、楽しみたい風、心で動く水……ウソも方便にも、星座グループの特徴があらわれています。いずれにしても、ウソではないのにウソっぽく聞こえる人と、冗談でいったことを信じられてしまう人がいます。これは個人の差ですね。
(LUA)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事