【手相占い】木星丘が発達している人は自信家! 自力で成功をつかむ手相4つ

 立身出世を果たす人には、3つのタイプがあります。「誰の力も借りず、自力で成功する人」「親など身内の援助を得て成功する人」「他人のサポートを受けて成功する人」です。今回は、「自力で成功する」タイプの手相を紹介しましょう。

「運命線」が生命線上から伸びている……独立独歩

zirikikaiun-01

 「運命線」とは中指に向かって伸びる縦線のことで、仕事運や開運の仕方などを見ることができます。この運命線が生命線の線上から伸びている人は、非常に自立心が強いタイプで、けっして他人を頼りません。自分が決めた道をまっしぐらに突き進んで、のし上がっていきます。バイタリティも豊富であるため、激務によく耐えて大きな成功を勝ち取るでしょう。

「木星丘」が発達している……野心的な自信家

zirikikaiun-02

 人差し指の下の部分のふくらみを「木星丘」といいます。別名・野望の丘と呼ばれており、木星丘が豊かに発達している人は、向上心、支配欲、自信、独立心が旺盛です。誰に何をいわれようと思い定めた道を突き進む強さがあって、前向きな努力を積み重ねていけるタイプです。自分の人生は自分でクリエイトするタイプの典型といえるでしょう。

「マスカケ線」がある……ワンマンタイプ

zirikikaiun-03

 「マスカケ線」とは、感情線と知能線が合流して1本になっている線をいいます。別名・天下取りの相。マスカケ線がある人は、本質的にワンマンなタイプで人からの指図を受け付けません。自分1人の裁量で何もかもやっていきたいと考えていて、実際にそうしてしまうだけの行動力と才覚を備えています。強い意志で、どんな困難も乗り越えて開運をはたしていくはずです。

「親指」が長い……意志が強く自発的

zirikikaiun-04

 親指には、その人のパーソナリティーがあらわれます。長くしっかりとした親指であるほど、自発的で意志が強く、誰の助けも借りずに道を切り拓いていく力があります。ちなみに、親指の標準的な長さは、人差し指の第3指節の真ん中に届く程度です。つまり、それ以上の長さがある人は、自力で成功を勝ち取る、最強の仕事運の持ち主であるといえるのです。

 自力で成功を果たす人は、頑張り屋な分、心身を酷使しがちな面があります。たとえバイタリティにあふれるタイプであっても、無理な努力を続けていれば、どこかに支障が出てくるもの。健康管理も仕事の1つと捉えて、生活習慣に気をつけましょう。心身ともにタフであることが、仕事運をさらにパワーアップするのです。
(夏川リエ)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事