【手相占い】小指下に薄い縦線が出ている人はお金管理が下手! 散財しやすい手相6つ

 開放的な夏は、つい気が大きくなって、お金を使いすぎてしまうことがあります。お金は生活の基盤です。夏の終わりに嫌な冷や汗をかかないよう、お財布のひもはきちんと締めておきましょう。今回は、散財に注意したい手相を紹介します。

財運線の状態が悪い……あればあるだけ使ってしまう

 「財運線」とは小指下に出る縦線のこと。財運線がはっきりまっすぐ出ている人は、お金に困らない吉相となります。しかし、線が切れ切れだったり、薄い線が何本も出ている人は、お金の管理が下手でお金が手元に残りません。あればあるだけ使ってしまう癖は、あらためたほうがいいでしょう。

知能線が下降していて長い……趣味にお金をつぎ込んでしまう

 「知能線」とは、親指と人差し指の間から手の平を横切って伸びる線のこと。知能線が長く、カーブを描きながら下降している人は、自分の好きなものにお金をつぎ込んでしまいがち。コスメ好きなら新作コスメで、ゲーム好きなら課金で散財してしまう可能性が高いでしょう。

感情線から下向きの支線が出ている……たかり屋のカモになるかも

 小指の下方、手の平の側面から人差し指方面に伸びる線を「感情線」といいます。感情線から下向きの支線が複数出ている人は、思いやりのある優しいタイプ。困っている人を見過ごしにできないため、お金がないと泣きついてくる人に、快くお金を貸してしまいます。カモにならないよう注意しましょう。

中指が短い……自制心が足りない

 中指の長さが、隣り合う2本の指(人差し指と薬指の長さ)と同じくらいの人は、中指が短いタイプです。中指は自制心をあらわす指であるため、中指が短い人は忍耐力が足りない傾向があります。ほしいと思ったら、すぐに買ってしまうなど、「何となく」散財を繰り返してしまいがちでしょう。

小指が短い……無計画にお金を使ってしまう

 小指の長さが薬指の第一関節に満たない人は、小指が短いタイプです。小指は機転や商才、金銭管理などをあらわす指であるため、小指が短い人は経済的センスに欠ける傾向があります。気まぐれに大きな買い物をしてしまったり、コンビニでちまちま買いを繰り返して、散財しやすいでしょう。

指を広げて手を出す……どんぶり勘定でザル

 「手を出してください」といわれたときに、指を大きく広げて出す人は、気持ちがおおらかで、細かいことを気にしません。お金の扱いもどんぶり勘定になりがちだったり、楽観的に大金を使ってしまったりするでしょう。よく考えないで、人にお金を貸す癖もありそうです。

 散財手相に当てはまった人は、お金の扱いには十分気をつけるようにしましょう。とりあえずセール会場には近づかないほうが身のためでしょう。
(夏川リエ)

Happy手相!

占いTV NEWSオススメ番組
『Happy手相!』

あなたの手のひらにはあなたの運命があらわれる!
結婚線、運命線、財運線…Hoshiがわかりやすく解説

オンデマンド放送を見る

記事が気に入ったらシェア

関連する記事