【アロマ占星術】9月23日、太陽が天秤座へ 不安定になる外向性をアロマでサポートしよう!

――植物の成分や芳香によって心身を癒やすアロマテラピー。実はハーブやアロマは古代より占星術と密接に結びついてきました。私たちも古代の叡智であるアロマを使って、心地いいセルフケアをしてみませんか?

太陽で導くアロマ占星術

 私たちが現在暮らしている1カ月や1年という区切りは、太陽のリズムと一致しています。太陽は月に一度だけ星座を移動。太陽が滞在している星座は、その期間、世の中の雰囲気や人々の心身に影響を与えます。

 9月23日、乙女座にいる太陽が「天秤座」に移動します。その後、10月23日までは、天秤座の影響を大きく受けることになります。星座や惑星との関連植物から、この時期に起こりやすくなるメンタルの変化をよりよくサポートしてくれるアロマを紹介します。

天秤座太陽期の特徴

【今回の太陽の位置】天秤座(風のエレメント)
【期間】9月23日~10月23日
【ポジティブなメンタル症状】社交的になる、美意識が育つ
【ネガティブなメンタル症状】八方美人になる、物ごとが適当になる

 天秤座はバランス感覚に優れ、洗練された社交能力を持つ星座。12星座で一番、上品なマナーや、優雅な美意識などを兼ね備えています。そのため天秤座太陽期のエネルギーが働くと、社交性を発揮しやすくなり、通常よりも美しいものへの興味や親しみが増します。天秤座の季節は、ゆったりと芸術を楽しむような優雅な秋の始まりなのです。

 特に今年の、木星以遠の大きな影響を持つ星たち、木星・土星・天王星・海王星・冥王星がすべて地と水の星座に入っている星回りは、物ごとを重ために考えてしまったり、対人関係を忌避する心理状態になりがち。軽やかな風のエネルギーを持つ天秤座太陽期は、大切にしていきたいところといえるでしょう。

 ただし、天秤座の特徴が悪いほうに働くと、洗練された印象を持たせようとするあまり物ごとに一生懸命になることができなかったり、社交性がいきすぎてあちこちでいい顔をする八方美人になってしまいます。

 貴重な天秤座太陽期を前向きに過ごせるよう、エレメント別サポートアロマを活用していきましょう。

牡羊座・獅子座・射手座(火のエレメント)……ゼラニウム

 閉塞的な雰囲気を感じていた火のエレメントの人たちにとっては、ブレイクスルーが起きそうなこの時期。対人関係にもグッと広がりが出てきそうです。その分、天秤座太陽期の悪影響である「いい加減さ」などが出てこないよう、心身のバランスを整える「ゼラニウム」を使っていきましょう。ゼラニウムは天秤座の象徴アロマ。優雅な社交性をサポートしてくれ、天秤座エネルギーを最大限に発揮させてくれます。香水のように日常的に身にまとうのがオススメです。

牡牛座・乙女座・山羊座(地のエレメント)……ユーカリ

 このところ、火星逆行や土星&冥王星&天王星の長期滞在と、運気が今1つ思い通りになりにくい地のエレメントの人たち。天秤座太陽期のエネルギーが働くことで今の気持ちは軽やかになりますが、その文、目標を見失うなど頑張りがきかなくなることも起こりやすくなります。スッキリした思考をサポートしてくれる「ユーカリ」を使ってみましょう。ユーカリは、地の星座の持ち味である責任感も一緒にサポートしてくれる優秀なアロマ。仕事や勉強をするときなどに、深呼吸するように嗅いでみてください。

双子座・天秤座・水瓶座(風のエレメント)……ローズ

 天秤座太陽期の影響がもっとも強く反映される風のエレメントの人たち。落ち着きと優雅さをサポートしてくれる「ローズ」を使ってみましょう。ローズは、天秤座の守護星である金星のアロマ。天秤座的なラグジュアリーな美意識を満たしながらも、いい加減な発言や行動を抑えてくれるパワーがあります。純粋なアロマオイルとしては非常に高価なので、アロマネックレスなど少量で長時間香らせられるオシャレなアイテムがオススメ。金星&天秤座的な美意識も活性化されて、この季節の開運にも一役買ってくれるはずです。

蟹座・蠍座・魚座(水のエレメント)……ネロリ

 この時期、水のエレメントの人たちは「自分の居場所」や「家族、身近な人たち」に、天秤座太陽期のエネルギーが出やすくなります。親しい人を置き去りにして新しい関係性にばかり目がいくなど、八方美人になることや、無責任な行動には気をつけたいところ。天秤座守護星である金星的なアロマ「ネロリ」を使ってみましょう。アロマを染み込ませたコットンを持つなどして、定期的に香りをかぐことがオススメ。極上のリラックス効果で、安定した社交性と落ち着いたやさしさをサポートしてくれます。

 天秤座太陽期は、昼と夜の時間が同じになる秋分の日から始まります。この日から陰陽のバランスが交代し、夜の時間が長くなる「陰」の季節へと突入します。心身の「陰陽バランス」を上手に整えることにも、サポートアロマを活用してみてください。
(永沢蜜羽)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事