月星座・蟹座の性格、恋愛傾向は? 相性のいい星座も伝授

月星座・蟹座の性格、恋愛傾向は? 相性のいい星座も伝授

 あなたが生まれた日、「月」はどの星座に位置していましたか。太古より、私たちは移ろいゆく月の影響を受けて暮らしてきました。新月、満月……月のリズムには、自分らしく生きるヒントが隠されているようです。占星術の月と太陽は裏表の関係。月はあなたの隠れた部分を担います。今回は12星座ごとの月星座から蟹座の性格、恋愛傾向をお届けしましょう。

【目次】

月星座とは?
◎月星座を調べるには
◎太陽星座と月星座の違い
月星座・蟹座の人の性格、特徴
◎人見知りか人懐っこいか
◎好き嫌いが激しく、人一倍、感受性豊か
◎母性強く人を癒すセラピスト向き
◎心地いい人間関係が心を解放させる
◎気持ちで動き、気持ちに支えられる
月星座・蟹座の男性の恋愛傾向
◎好意の示し方
◎好きになる女性の特徴
◎愛情表現
◎結婚観
月星座・蟹座の女性の恋愛傾向
◎好意の示し方
◎好きになる男性の特徴
◎愛情表現
◎結婚観
月星座・蟹座と恋愛・結婚の相性がいい星座
◎1位 魚座
◎2位 
◎3位 
月星座・蟹座と恋愛・結婚の相性が良くない星座
◎1位 牡羊座
◎2位 射手座
◎3位 天秤座
仲良くなれるヒントは月星座

月星座とは?

月星座

◎月星座を調べるには

 月星座は、自分が生まれた瞬間に月が位置していた星座で決まります。ご存知ない方は、以下のページで調べてみましょう。

>>あなたの月星座を調べる

 正確な月星座を知るには生年月日と出生時間が必要となりますが、出生時間が不明でも調べることは可能です。

◎太陽星座と月星座の違い

 太陽星座は生きる目標、月星座は内側の感情をあらわします。太陽星座が同じなのに、どこか雰囲気やキャラクターが違うなと感じる場合もあるでしょう。こうしたことの多くは月星座の違いによるものです。なお、太陽はおよそ30日、月はおよそ2日半で星座を移動します。

>>月星座とは? 詳しい解説を読む

月星座・蟹座の人の性格、特徴

月星座 蟹座

◎人見知りか人懐っこいか

 月星座・蟹座は、繊細で身の丈に合った行動をしようとする傾向があります。身近な人の影響を強く受けて、それを真似しがち。身内と呼べる人、家族、仲間や友達の前では伸び伸びとリラックスして過ごすでしょう。蟹座は12星座の4番目の星座で、ホームグラウンドが生活の基盤となります。人見知りか人懐っこいかは、慣れ親しんだ安心できる場所にいるか、そうではない他人の中にいるかで大きく二分されるところ。相手を理解するまでは、強い警戒心と防衛本能が働くため人見知りを避けられません。しかし、一度心を許せる関係になれば人懐っこい姿を見せるでしょう。

◎好き嫌いが激しく、人一倍、感受性豊か

 月星座・蟹座は人一倍、感受性が豊か。泣いたり笑ったり怒ったりと、まるで子どものような部分を内面に抱えているので、素直に自分を甘えさせてあげる環境が必要です。そうした空間や時間を持つことで、心が安定し安心感も増すので、普段のストレスも軽減されるでしょう。プライベートな時間は「自分の気持ちを抑えず素直になる!」と決めて、好き嫌いなども吐き出すことが大事です。

◎母性強く人を癒すセラピスト向き

 月星座・蟹座は、自分だけでなく周囲の気持ちの変化にも敏感。そのため、誰かが困っている状態だと心穏やかではいられません。心配で食事が喉を通らなくなるなど、不安を放っておくと自らの体調を崩しかねないのです。親しい相手に共感したり、手を差し伸べられたりする仕事や方法を探しましょう。月星座・蟹座には母親のような愛情や癒しの能力が生まれながらに備わっています。例えば保育士、看護師、介護士、或いは占い師、カウンセラー、セラピスト、サポーター、アドバイザーといった職業はオススメですよ。

◎心地いい人間関係が心を解放させる

 月星座・蟹座は世話焼きタイプ。思いやりがあって、人に尽くすことに生きがいを感じる人も多いでしょう。人間関係を築くにあたって、どうすれば自分も相手も幸せか? と考えることが重要なのです。心地いい環境や関係を得られたら、月星座・蟹座はこの世の中に恐いものなどなくなるはず。2021年は人間関係のボーダーラインを作ることを余儀なくされましたが、2022年はもっと自然に親交を深められますよ。

◎気持ちで動き、気持ちに支えられる

 月星座・蟹座は気持ちで動き、気持ちに支えられる星座。蟹の甲羅のような頑丈な殻を持っていて、特定の人とだけ関わり、不必要な人を排除しがちです。どこまで相手を許し受け入れるかで、将来的に成功する機会やチャンスを増やしていけるでしょう。大切な人の気持ちに合わせすぎず、周りと自分の気持ちを同一視しすぎないようにして。心や感情のバランスを取ってコントロールすることは、月星座・蟹座が負けない自分を作るうえで欠かせない課題のひとつです。

月星座・蟹座の男性の恋愛傾向

◎好意の示し方

 月星座・蟹座の男性は人情派で、いかにも人がよさそうな、いわゆる「いい人」タイプ。好意を示す際はマメに尽くして愛されようと世話を焼くでしょう。好きな人と一緒にいたいけれど側にいられないときは、根回しに走ることも。時代劇の『必殺仕事人』みたいに陰で様子を見守り、悪い奴らを懲らしめる場合もありそう。離れていても好きな人のことが気になって仕方ない傾向があります。

◎好きになる女性の特徴

 月星座・蟹座の男性は、精神的な癒しを感じる人を好きになります。気配り上手で自分を応援してくれる相手なら、なおよし。結婚願望が強く、専業主婦になりそうな女性に憧れを持つなど、一緒に暮らしたときのイメージが湧きやすい相手に好感を抱くでしょう。そのため、見た目がいいかどうかより、生活臭がプンプンして、ふとした瞬間に安らぎを感じるような女性を好むのです。

◎愛情表現

 月星座・蟹座の男性は好きな人の気持ちを察して守ろうとします。相手の一番の応援団員として、最も近いところで励ますでしょう。優しさと同時に子どもっぽい部分が顔を出すのは、本気で好きになった証拠。応援する力(愛情)がヒートアップしているのです。

◎結婚観

 月星座・蟹座の男性は土地や家を守る性質があります。家事が好きな人も多く、アットホームな家庭に憧れる傾向あり。結婚すると家族を守るために働くし、何でも家族と足並みを揃えようとします。戻れる場所や帰る家があることで仕事も充実するでしょう。

月星座・蟹座の女性の恋愛傾向

◎好意の示し方

 月星座・蟹座の女性は一見おとなしそうでも、実は太っ腹な肝っ玉母さん気質。愛情深く、どんなときでも「私だけはあなたの味方」タイプです。好意を示す際は悲劇のヒロインとなって献身的。人魚姫のように報われず、泡になって消えたとしても、好きな人には幸せになってほしいと願うところがあります。

◎好きになる男性の特徴

 月星座・蟹座の女性が好きになるのは安心できる相手です。強引すぎても困るし、放置や無反応も苦手。恋したいタイミングで現れ、時間をかけて向き合ってくれる男性に好感を抱きます。好きになる相手は、プライベートで身近にいる人の中から選ぶことが多いでしょう。

◎愛情表現

 月星座・蟹座の女性は好きな人の気持ちに寄り添い、共に泣き、笑います。恋愛の初期は恥じらいも見せますが、徐々に想いをさらけ出すでしょう。好きな人を尊敬し、頼りにして、包み込むような愛を捧げます。

◎結婚観

 月星座・蟹座の女性は良妻賢母の性質があります。結婚すると、家庭が生活の中心となりそう。仕事や友達より家族優先です。家事全般にできるだけエネルギーを注ぎ、夫のサポートや子どもの教育にやりがい・使命感を持つでしょう。

月星座・蟹座と恋愛・結婚の相性がいい星座

月星座 蟹座

◎1位 魚座

 月星座が蟹座と魚座のカップルはお互いに気持ちが通じ合いやすく、気がつけば恋仲ということも。優しさが裏目に出ると、曖昧な関係のままずるずると過ごしますが、愛があれば時期が来たら自然とゴールインします。同じ感覚の持ち主で無理はないけれど、月星座・蟹座が積極的にリードしたほうが関係はスムーズに。「あの2人ってお似合いで微笑ましい」と囁かれるカップルです。

◎2位 蟹座

 月星座・蟹座同士のカップルはお互いに欠かせない存在となり、ラブラブな関係に。物事の捉え方や感じ方も似ていて切り離せない存在となるでしょう。何もかも一緒で幸せであると同時に、他のことには排他的になりがちな2人。付き合う期間が長くなるほど、デートなどは積極的に新しい場所を選ぶと楽しみが倍増しそう。仲良しなだけに共依存しやすい相性でもあります。

◎3位 蠍座

 月星座・蟹座と月星座・蠍座のカップルは永遠の愛で結ばれます。運命的な恋愛の相手なのかも。ドンピシャなタイミングで、さりげなく望み通りの行動をしてもらえるので、言葉抜きに心を奪われるのでしょう。月星座・蟹座が愛されたいときに、月星座・蠍座が思うのは交わりたいということ。お互いに求めるものが一致しやすく、心が愛に満たされます。なお、どちらも束縛したり、嫉妬深くなったりする相性です。

月星座・蟹座と恋愛・結婚の相性が良くない星座

◎1位 牡羊座

 月星座・蟹座と月星座・牡羊座は日常に刺激が増え、ドキドキしっぱなしのカップルになります。月星座・蟹座は「ずっと一緒に」、月星座・牡羊座は「気が向いたときは一緒に」タイプ。このどこまでも相容れない恋愛観は、月星座・蟹座の安心感とは無縁です。月星座・牡羊座にわかってもらいたいと思うと切なくなりますが、自分を変えたいと願うときなら、様々なことに挑めて楽しいでしょう。

◎2位 射手座

 月星座・蟹座と月星座・射手座は、理想をどこまでも追い続けるようなカップルに。月星座・蟹座が「待って」と追いかけても、月星座・射手座は「先に行ってるね」と出かけてしまうので、気持ちが通じたようで通じません。永遠に続く恋の迷路に入り込むイメージで、月星座・蟹座の堪忍袋の緒が切れるのは時間の問題。月星座・射手座の姿勢を憧れとしておけば、悩むことはなくなるでしょう。

◎3位 天秤座

 月星座・蟹座と月星座・天秤座はどちらも相手を思いやるのが得意なカップル。ですが、月星座・蟹座は「身内や仲間だけに」、月星座・天秤座は「誰にでも」思いやりを向けようとします。この比重の違いは、月星座・蟹座には軽くあしらわれているように映りそう。お互いに交際当初は本音が言えないのですが、付き合いが長くなるほど理解できる部分なので、言葉で気持ちを伝えるといいでしょう。

仲良くなれるヒントは月星座

 「私のことをどう思っているのかしら? あの人の本音が知りたい」そこが気になって、相手の気持ちを占ってもらったり、相性を調べたり。そうした経験、みなさんにもあるのではないでしょうか?

 実際のところ、仲良くなれるヒントは、好きな人の今の気持ちよりも月星座を知ること。月は裏の顔、いわばお互いの素顔です。素顔って自分自身でもわかっているようで、わかりにくいし見えないもの。そして、月星座が示す事柄は、ふとしたときにあらわれます。それを知っておくだけで相手とも自分自身とも、ますます仲良くなれるでしょう。

 毎月の新月や満月にテーマがあるように、私たちの月星座にもテーマがあります。この機会に月星座を調べてみてくださいね。あなたの恋を応援しています!

(はゆき咲くら)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事