【アロマ占星術】8月23日、太陽が乙女座へ 批判がましさや神経質をアロマでサポートしよう!

――植物の成分や芳香によって心身を癒やすアロマテラピー。実はハーブやアロマは古代より占星術と密接に結びついてきました。私たちも古代の叡智であるアロマを使って、心地いいセルフケアをしてみませんか?

太陽で導くアロマ占星術

 私たちが現在暮らしている1カ月や1年という区切りは、太陽のリズムと一致しています。太陽は月に一度だけ星座を移動。太陽が滞在している星座は、その期間、世の中の雰囲気や人々の心身に影響を与えます。

 8月23日、獅子座にいる太陽が「乙女座」に移動します。その後、9月23日までは、乙女座の影響を大きく受けることになります。星座や惑星との関連植物から、この時期に起こりやすくなるメンタルの変化をよりよくサポートしてくれるアロマをご紹介します。

乙女座太陽期の特徴

【今回の太陽の位置】乙女座(地のエレメント)
【期間】8月23日~9月23日
【ポジティブなメンタル症状】実務能力が高まる、整理整頓ができる
【ネガティブなメンタル症状】神経質になりすぎる、批判がましくなる

 乙女座は細やかな配慮や注意力を持ち、実務能力や整理整頓能力に優れた星座。健康管理や、物ごとを改善・修理する力など、維持管理全般にも才能を発揮します。その分、乙女座の特徴が悪いほうに働くと、完璧を求めすぎてしまったり、神経が細かくなりすぎて、口うるさい批判をするようになってしまいます。

 特に今回の乙女座太陽期は、同じ「地のエレメント」である山羊座に「責任と制限の土星」が滞在中のため、物ごとの判断は厳しくなりがち。乙女座的エネルギーが引き起こす「神経質な分析」や「マイナス面のチェック」は、やりすぎないよう気をつけたいところです。

 そんな乙女座太陽期のエネルギーをよりよく使っていけるよう、エレメント別にアロマを使ってサポートしていきましょう。

牡羊座、獅子座、射手座(火のエレメント)……スペアミント

 火のエレメントの人たちは、もともと楽観的で行動力のある人たち。ここに乙女座の神経質な保守エネルギーが働くと、せっかくの魅力が半減してしまいます。乙女座の守護星である水星のアロマ「スペアミント」を使ってみましょう。すっきりした甘めな香りが、火の星座の楽観性を保ちながらも、乙女座太陽期の細やかな知的エネルギーをサポートしてくれます。頭脳疲労が出てきやすい午後3時頃のティータイムなどに取り入れてみて。

牡牛座、乙女座、山羊座(地のエレメント)……ラベンダー

 もともと慎重な気質がある地のエレメントの人たちは、よくも悪くも乙女座太陽期の影響が出やすくなります。特に今回は山羊座に土星が入っていることで、通常の乙女座期よりもしっかり管理したい気持ちや厳しい批判精神が出てきそう。乙女座の象徴アロマである「ラベンダー」を使って、積極的にリラックスするよう心がけましょう。特にその日の疲れはその日のうちに癒やすのが吉。寝る前にはラベンダーの香りをかいで、ゆっくり深呼吸をするのがオススメです。

双子座、天秤座、水瓶座(風のエレメント)……タイム

 知的エネルギーの強い風のエレメントの人たちが乙女座太陽期のエネルギーを受けると、過剰な神経質に陥りやすくなります。水星のアロマである「タイム」を使って、敏感になりすぎる知性をサポートしていきましょう。ハーバルでありながらも少しピリリとしたスパイシーな香りが、気分を爽快にしてストレスをやわらげてくれます。抗菌作用もあるため、ルームスプレーなどにして使うのがオススメ。呼吸器系をサポートする効果も期待でき、活力が上がるはず。

蟹座、蠍座、魚座(水のエレメント)……ティーツリー

 情緒的な優しさが特徴の水のエレメントの人たちは、乙女座太陽期の影響を受けると細かなことが気になり、イライラしやすくなります。リフレッシュ効果の高い「ティーツリー」を使ってみましょう。頭をすっきりさせて、今自分が何に集中するべきかを明確にしてくれます。不必要な「感情的イライラ」を感じたときは、この香りを深呼吸してみて。日常的にも、朝出かける前にこの香りを深く吸い込むのがオススメです。呼吸を深くする作用で、1日の始まりがグッと快適になるはず。

 乙女座太陽期の影響は、太陽が天秤座に移動する9月23日まで続きます。9月23日は秋分の日。太陽の暦上、2018年が残り3カ月となるタイミングです。乙女座太陽期のサポートアロマを効果的に使って、素敵な実りの秋を迎えられるよう準備していきましょう。
(永沢蜜羽)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事