ポジティブカウンセラー・巫弥子の鑑定に、相談者から「ありがとう」の声多数

 平日12時から生配信の『ライブdeフォーチュン』(占いTV:uranaitv.jp)。水曜日は、お笑いコンビ・TEAM BANANAの山田愛美と藤本友美、ポジティブカウンセラー・巫弥子が息の合った女子トークを繰り広げている。

3人の息もピッタリで、笑いが絶えない
3人の息もピッタリで、笑いが絶えない

番組後半は、巫弥子に鑑定をしてもらえるコーナーも

 コメント欄に寄せられた視聴者の悩みに、巫弥子が答えるというコーナーも人気のひとつ。たとえば「娘と海外旅行に行くのですが、気を付けることはありますか?」という相談が寄せられた。巫弥子は高速でタロットを切ると、手に取ったカード見て「娘さんと行きたい場所が違ったり、決めていた場所なのに直前に嫌と言われたりするかも」と旅行の様子を鑑定。「ぶつからないためには、予定を決めこみすぎない方がよさそう」とアドバイスを送った。

 すると、相談者当人から「巫弥子先生、ありがとうございます。たしかに娘は気分屋なんです。余裕をもって楽しんできます」とお礼のコメントが。ニックネームと性別だけで、相談者の娘さんの性格まで言い当てるとは、なんとも驚きである。

師匠との出会いで占いの道へ

 限られた情報だけで、相談者の人物像や取り巻く状況をどうやって占っているのか。その疑問を解くカギは、6月6日の放送で巫弥子が語った占い師になったいきさつの中にあった。

 巫弥子によると、昔から霊感があり「この人はどんな人なのか」「これからどんなことが起こるのか」が霊視できたという。ある日、友人から紹介された占い師とお茶を飲んでいたとき、「あんたさー、ほんとはいろいろ見えてるのよね」と突然指摘されたそう。霊感があることを伏せていた巫弥子が驚いていると、「あたしがあなたに、見えたことをカードにおろすやり方を教えてあげるから、覚えて仕事にしなさい」と言われ、その占い師を師と仰ぎ、占いの道へと進んだのだという。

 つまり、巫弥子がタロットで伝えていたのは、霊視で受け取った相談者のハイヤーセルフ(守護霊・守護神)からのメッセージ。だから少しの情報でも、相談者の腑に落ちるアドバイスができるのだ。

 そんな巫弥子の鑑定は「占いビデオレター」で体験することができる。下記サイトからお悩みを書いて申し込めば、巫弥子がタロットで鑑定し、あなただけに向けた動画メッセージで結果を伝えてくれる。「いま必要なメッセージをポジティブに伝え、その人が抱える不安が幸せへと変わるよう、誠心誠意鑑定をすることがモットー」という巫弥子に悩みを相談して、幸せへの第一歩を踏み出そう。
(なぎさ)

オーダーメイドの鑑定を動画でお届け
「占いビデオレター」

「ライブdeフォーチュン(水)」など占いTVの人気番組に出演中の巫弥子先生が、占い結果を動画メッセージでお届けする「占いビデオレター」。あなたのお悩みに、先生から直接アドバイスをもらえるという“超オーダーメイド”サービスです。
>占いビデオレターとは?


(※受付は先着順です。)

ライブdeフォーチュン

ライブdeフォーチュン

月曜日 23:00 - 1:00

番組を見る
記事が気に入ったらシェア

関連する記事