12星座【ホームシック】ランキング 蟹座はマイエリア依存症、少しでも離れると不安!

 羽を伸ばせる一人暮らしでも家族と会ってホッとしたり、楽しい旅行に行っても家路を歩むうちに「帰ってきた」と気持ちがゆるむ感覚は、大抵の人が感じるものなのかもしれません。けれど、この感覚の強さは人によってさまざまです。ホームシックの度合いを12星座でランキングしてみます。

第1位 蟹座……ホーム&仲間シックになるマイエリア依存症

 住み慣れた自宅や実家に限らず、勝手のわかる職場や学校、縄張りのようなお気に入りエリアなど、「私の場所」を愛する蟹座。少し遠出したり、はじめてのお店に入るだけでも、誰か仲よしが一緒でないと不安でしかたがありません。親友との旅行で楽しい時間を過ごしていても、ふと気づいたときに家に帰りたくなったり、懐かしむ気持ちがあふれてくるはず。家族や友人と離れるのもつらいので、仲間のいるマイエリアに依存するタイプといえるかも。

第2位 乙女座……繊細さゆえのホームシック

 細かいところにまで気を配る乙女座は、はじめて訪れた場所や旅先となると、気が休まるまでに時間がかかります。環境の違いだけでなく、周囲の人への気遣いもしてしまうからでしょう。楽しむことは楽しむものの、肉体疲労と心労に見舞われ、「ああ、帰りたいな……」という気持ちになるようです。また、衛生面での習慣から、汚れているわけではなくても、気になるところを見つけてしまうと、もう、そこでは眠れなくなってしまうでしょう。

第3位 牡牛座……心身で感じるホームシック

 変化を受け入れることが苦手な牡牛座は、暮らしのステージから人間関係までのすべてを、現状維持でいきたいタイプ。グルメなので、おいしいものツアーには行くかもしれませんが、夢見心地の幸せを感じるのは食べているときだけで、食べ終わると同時に帰りたくなっているはず。持ちものへのこだわりも影響し、愛用の寝具でないと寝つきが悪いこともあるでしょう。心だけで感じるホームシックではなく、全身で感じるホームシックになる人です。

 第4位は、情の深い蠍座。短い期間であっても、住んだ場所や関わった人に思いを残します。住み慣れた家への思いはいうまでもないはず。第5位の天秤座は、住居にこだわりを持っています。下手なスポットを訪れると、「家で過ごしたほうがよかったかも」と思うでしょう。

 第6位の獅子座は、自分の顔が利かない場所は落ち着かず、帰りたい気持ちに。第7位・自分のポジションを確立したい山羊座は、不在中に、自分の立場がおびやかされることを恐れて帰りたくなるご様子。

 第8位は、誇り高い牡羊座。「やっぱり自分の家が一番だよね」ということを、訪れた先であらためて確信! 第9位・射手座は、旅行が大好き! 家へのこだわりは少ないタイプですが、住処があるからこその外出の喜びであることも知っています。

 第10位・変化を好む双子座は、家を恋しく思っても、その場の楽しさが勝るようです。第11位の水瓶座は、懐かしむ気持ちはあるものの、旅先や新しいスポットでの発見に心を惹かれます。

 そして第12位は、魚座。今、親密度の高い人と行動をともにします。家族、親友、恋人など、そのときどきに応じて相手は変わりますが、その人がすぐ近くにいれば、場所にこだわることはないはず。一方、離れている場合は、その人に会いたい気持ちになりますが、会いにきてもらっても問題はないでしょう。

 子ども時代は、どんな人でもホームシックになりやすいかもしれませんが、大人になるにつれて、その度合いに差が出てきます。いずれにしても、「帰りたい」と思える場所があるのは、それだけステキな家があるということですね。
(LUA)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事