【占いトリビア】星占いの星座と夜空の星座は、2000年かけてずれてしまった!?

 夜空を見上げて、自分の星座を探してみたことがありますか? 見つけにくい星座もありますが、牡羊座から魚座まで12の星座はすべて本当にあります。ところが実は、夜空に輝く12星座は、占星術の12星座ではないのです。いえ、正確にいえば、空の星座と占星術の星座は位置がずれているのです。どういうことなのでしょうか?

そもそも「占星術の12星座」とは何?

 地球は太陽の周りをまわっているので、地上から見える太陽の位置も、1年で天空を一周します。少しずつ太陽が移動していくその通り道にあるのが、占星術の牡羊座から魚座までの12星座なのです。太陽が魚座にいるときに生まれた人は魚座で、牡羊座にいるときに生まれた人は牡羊座……12星座は、天空の住所表示なのです。

 それなら、夜空の12星座と占星術の12星座は同じはず。確かに今から2000年以上前、占星術が誕生した古代バビロニア時代の夜空では同じでした。

牡羊座、牡牛座、双子座……星座と星座の境目はどこ?

 ところで、星座の大きさはバラバラで、天空は360度切れ目がありません。星座と星座の境目はどこにあるのでしょうか。

 古代バビロニアの神官兼占星術師は、星座の区切りを、昼と夜が同じになる日に太陽がいる場所と定めました。当時、1年の始まりは春だったので、春分の日の太陽の位置=春分点を基点として、天空を12等分したのです。春分点が、魚座と牡羊座の境目です。

200年かけて、占いの星座と夜空の星座ずれた!?

 古代バビロニアの占星術は、複雑な惑星の動きを計算できるほど高度なものでした。ところが、春分点が「2万5千年周期」というとてつもなく長い年月をかけて移動していることまでは計算できなかったのです。2000年前には確かに魚座と牡羊座の間にあった春分点は今、魚座と水瓶座の間にあります。まるまる星座1つ分、ずれてしまったのです。

 現在の占星術は、実際の「魚座」の位置を、「牡羊座」と呼んでいます。つまり、占星術でいう星座とは、実際の星座ではなく、「古代バビロニアの時代にその星座があった位置」のことなのです。区別するために、「12星座」を「12サイン」、各星座名を「魚座や牡羊座」ではなく「双魚宮や白羊宮」と呼ぶこともあります。

 実際の星座と占星術のサインはずれてしまいましたが、星座そのものの形と伝承は変わっていません。天空の実際の星座は、そのサインにとって、今も変わらず夜空に輝くシンボルなのです。
(高橋桐矢)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事