12星座【2018年の試練】山羊座は自分らしく生きる、魚座は理想を形にする!

 人生は、山あり谷あり。でもけわしくそびえ立つ試練を乗り越えて、山の頂上から見る景色は格別です。占星術で試練をあらわす土星は、2017年末に射手座から山羊座に移り、約2年間滞在します。2018年、山羊座前半に滞在する土星は、各星座にとって高い山=大きな目標として立ちはだかることになるのです。2018年の試練を、星座別に詳しくみていきましょう。

牡羊座……社会に役立つ自分になる

 牡羊座にとって、2018年からの2年間は、自分というブランドを固める大事な期間となります。自分がしたいことをするだけではなく、社会から求められる役割に応えていくことが必要になってくるのです。会社では責任ある立場になり、家庭でも大事な役割を背負うことになるでしょう。自分のしたいことと、求められる役割をすり合わせていくことで、本当の意味で社会に役立つ存在になれるのです。

牡牛座……見えない世界と価値観を知る

 牡牛座は基本的には、目に見えるもの……現実的な価値観にしたがって生きています。だからこそ、仕事で成果を残し、貯金に励むのです。でも2018年からの2年間は、不思議な偶然や導きで、見えない世界があるのだということを認めざるをえなくなるでしょう。現世とは違う世界と価値観があると知って、生き方や考え方が根本から変わります。その最初の予感を、きっともう感じているでしょう。

双子座……大事な人としっかりと向き合う

 双子座は、そのときどきによって、付き合う人が変わってきたでしょう。恋人、友人、知人……さまざまな出会いがありました。中には、今だけの付き合いと心の中で思っていたこともあったはずです。でも2018年は、自分にとって大事な人と、一対一で深くじっくりと向き合っていくことになります。逃げずに、しっかり相対することで、自分が生まれてきた意味を実感するのです。

蟹座……本当の意味で自立する

 蟹座は、家族や友達や大切な人と深く関わりながら生活しています。それはもちろん大事なのですが、つい相手に踏み込みすぎてしまうことがあります。2018年は、1人の人間として、距離を保ちつつ自立していくことを学びます。家族やパートナーなど、ごく近い人との関係も必然的に変わります。依存し合う関係ではなく、お互いに自立した人間として尊重できるようになるのです。

獅子座……丁寧に生活する

 獅子座は、後片付けが苦手でしょう。作るのは楽しくても、片付けるのは面倒なのです。でも本当は、片付けることが大切なのはわかっているはずです。2018年からの2年間は、丁寧に生活することが獅子座のテーマとなります。毎日の片付けや整理整頓、さらに食事作りなどの家事の大事さを実感させられることになりそうです。確実にこの2年間で、生きていく力がつくはずです。

乙女座……将来のために今を楽しむ

 乙女座は、12星座イチの心配性です。将来のことを心配し、いろいろと備えているでしょう。でも、過ぎたるは及ばざるがごとし、心配しすぎて憂鬱になってしまうのでは本末転倒です。2018年からの2年間、乙女座にとって、将来を考えさせられるいろいろな出来事があるでしょう。でもそれらを通して、心がしなやかに強くなり、「今を楽しもう」と前向きに思えるようになるのです。

天秤座……いい子になるのをやめる

 天秤座はずっと、親の期待に応えて、いい子だったでしょう。大人になってからも周囲の期待に応えて、本当の自分を押さえつけてきたのではないでしょうか。2018年は、これまで押さえてきたいろいろなものが、吹き出してきます。誰かの言いなりの、いい子でいるのはもう十分です。自分らしく、自分が本当に満足できる生き方をするために、戦うべきときがきたのです。

蠍座……きちんと自己アピールできるようになる

 蠍座は本来、「わかってくれる人だけが、わかってくれればいい」と思う人です。でも気持ちは言葉にしなければ、伝わらないのです。2018年は、会話での言葉の行き違いや、メールでの勘違いがあるかもしれません。言ったつもりでは、わかってもらえないのです。必要な言葉をしっかり伝えたいと思えるようになるでしょう。結果的に、きちんと自己アピールできるようになっていくのです。

射手座……将来のために蓄える

 楽天的な射手座は、「アリとキリギリス」の、キリギリス的な生き方をしてきたのではないでしょうか。これからアリになれとはいいません。でも、キリギリスのままではマズイと思うのも事実でしょう。2018年は、貯金と蓄財に本気を入れる年になります。本気を出せば、射手座はどんなこともやり遂げるのです。家を買う、起業するなどの具体的な目標があれば、2年間でかなり貯めることが可能でしょう。

山羊座……自分らしく生きる

 山羊座にとって守護星である土星が、山羊座に入ります。2018年からの2年間は、「自分らしく生きる」ことについて試行錯誤する期間となるでしょう。これまでの山羊座は、親や先生や上司の導きを守ってきたのでしょう。これからは、自分自身の足で、自分の進みたい方向へ歩いて行くことになります。最初は戸惑い迷いますが、迷いこそが「自由」であるということに、やがて気づくのです。

水瓶座……倫理と良心に基づいて生きる

 水瓶座は理屈っぽい性格です。善悪についても理屈で判断します。人に迷惑をかけなければいいと、自分基準で過激な言動をしてきたこともあったでしょう。そんな自分基準が、大きく揺らぐことになりそうです。2018年からの2年間は、人はどう生きるべきなのか、良心とは何なのか、考えさせられる出来事があるでしょう。そんな出来事を通して、新しい自分なりの基準ができていくのです。

魚座……自分の理想を形にする

 魚座はこれまで、「こうなったらいいなあ」と思い描いた理想があったことでしょう。でもそのために、具体的に何をしてきたでしょうか。2018年は、理想を形にすることを求められます。思っているだけでは、現実は変わらないのです。自分が何をすべきか、そして何ができるのか、力不足を感じる場面もありながら、試行錯誤を経て、理想を実現する本当の喜びを得るのです。

 土星移動の変化を、もうすでに感じている人もいるはずです。恐れることはありません。試練とは乗り越えるためにあるのですから。
(高橋桐矢)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事