12星座【地元LOVE】ランキング 蠍座は同郷出身の芸能人は無条件に応援する!

 生まれ育った土地に愛着を感じるのはごく自然なことですが、格別に地元が大好きな人がいます。今回は、「自分の故郷がナンバーワン!」と思っている、地元愛の強い星座をランキングで紹介していきましょう。

第1位 蟹座……地元こそ我が家!

 アットホームな雰囲気が大好きな蟹座にとって、幼い頃から慣れ親しんだ地元は文字通り「ホーム=家」なのです。地元を離れていても、帰省するたび近所の人たちから「おかえり」と歓迎されるとうれしくなり、必ず帰ると誓います。むしろ、その気持ちが原動力となって仕事も頑張れるのです。

第2位 蠍座……地元出身の芸能人は応援したくなる

 一途で愛情深い蠍座。その思いは、生まれ育った場所や、関連する事柄も同様です。人一倍地元に愛着がある蠍座は、スポーツ観戦はもっぱら地元推し。出身が同じ芸能人はやけに親近感がわいて、熱心なファンになったりもするでしょう。また、ふるさと納税も忘れず、少しでも地元に貢献しようとするでしょう。

第3位 双子座……どこでも方言でしゃべる

 上京すると方言を封印する人が多いですが、双子座は、なまっているといわれてもまったく気にしません。むしろ、方言こそ自分の個性だと思っているでしょう。同郷出身者が席にいると大変! ほかの人そっちのけで、方言でしゃべり続けます。おしゃべり好きな性格もあいまって、地元トークに花が咲くでしょう。

 第4位は、牡牛座。どんなにおいしいものを食べても、一番は子どもの頃から食べている地元の味だと思っています。第5位・魚座は、現実逃避しがちで、嫌なことがあるとすぐ帰省。いざとなったら逃げて帰れる場所があるのは、魚座にとって心の支えなのです。

 第6位・獅子座は、マイペースで自分らしくいたい人。より伸び伸びとしていられるのは、やはり自分のルーツである地元なのです。第7位は、天秤座。今いるところのよさもあるし、地元のよさもあると思っています。バランスを重視する星座なので、両方を行ったり来たりできる生活が理想です。

 第8位は、牡羊座。人生にスリルを求めています。のんびり過ごせる地元よりも、刺激がいっぱいで緊張感のある都会のほうが好きなのです。第9位・乙女座は、干渉されるのが嫌。帰省すると、「結婚はまだ?」などと言われるので、地元へは足が遠のいてしまうのです。

 第10位は、射手座。いつも遠くへ行きたいと思っています。地元だけでなく、日本からも飛び出して、海外を目指す派です。第11位・山羊座は、野心家。地元から出たくて、がむしゃらに勉強したタイプ。都会へ出て、成功を追い求めるでしょう。

 そして第12位は、水瓶座。超個人主義なので、つながりが密接な地元の人間関係は、正直うざいと思っています。ご近所だからと、町内の集まりに強制参加させられるのもうんざり。都会で、一匹オオカミのように生きるのが性に合っているタイプです。

 地元には地元の、都会には都会のよさがあります。「住めば都」ともいうように、どんな場所でも、いずれは慣れてきます。自分らしく生活できる場所、それが一番大切なのです。
(紅たき)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事