【2022年の天体運行スケジュール】星の動き、新月、満月、惑星逆行

【2022年の天体運行スケジュール】星の動き、新月、満月、惑星逆行

 2022年の天体運行スケジュールをチェック! この記事では、太陽や月、水星などの占星術において重要な星が動くタイミングや、その惑星があらわす意味、未来の運勢を読み解くポイントを詳しく解説します。

【目次】

■2022年「新月・満月」スケジュール
◎2022年 新月一覧
◎2022年 満月一覧
◎新月・満月があらわすこと
■2022年「太陽の運行」スケジュール
◎太陽があらわすこと
■2022年「水星の運行」
◎水星逆行期間
◎水星があらわすこと
■2022年「金星の運行」
◎金星逆行期間
◎金星があらわすこと
■2022年「火星の運行」
◎火星逆行期間
◎火星があらわすこと
■2022年「木星の運行」
◎木星逆行期間
◎木星があらわすこと
■2022年「土星の運行」
◎土星逆行期間
◎土星があらわすこと
■2022年トランスサタニアン(天王星・海王星・冥王星)
◎天王星・海王星・冥王星の逆行期間
◎天王星・海王星・冥王があらわすこと
■まとめ

 占星術をする際、ホロスコープを作成します。ホロスコープには、その人が生まれたときの惑星の位置が記されています。それぞれの惑星が何座に位置していたのかにより、その人の運命がわかると、古来より信じられてきたからです。また、今現在や未来の運勢を知るためには、惑星の運行状況を見ることが必要になってきます。今回は、2022年の天体運行について、お伝えしていきたいと思います。

2022年「新月・満月」スケジュール

新月・満月

◎2022年 新月一覧

2022年1月3日 3時33分 山羊座新月
2022年2月1日 14時46分 水瓶座新月
2022年3月3日 2時35分 魚座新月
2022年4月1日 15時24分 牡羊座新月
2022年5月1日 5時28分 牡牛座新月
2022年5月30日 20時30分 牡牛座新月
2022年6月29日 11時52分 蟹座新月
2022年7月29日 2時55分 獅子座新月
2022年8月27日 17時17分 乙女座新月
2022年9月26日 6時55分 天秤座新月
2022年10月25日 19時49分 蠍座新月
2022年11月24日 7時57 射手座新月
2022年12月23日 19時17分 山羊座新月

◎2022年 満月一覧

2022年1月18日 8時48分 蟹座満月
2022年2月17日 1時57分 獅子座満月
2022年3月18日 16時18分 乙女座満月
2022年4月17日 3時55分 天秤座満月
2022年5月16日 13時14分 蠍座満月
2022年6月14日 20時52分 射手座満月
2022年7月14日 3時38分 山羊座満月
2022年8月12日 10時36分 水瓶座満月
2022年9月10日 18時59分 魚座満月
2022年10月10日 5時55分 牡羊座満月
2022年11月8日 20時2分 牡牛座満月
2022年12月8日 13時8分 双子座満月

◎新月・満月があらわすこと

 占星術的に、新月は何か新しいことを始めるのにいいタイミングです。それが成功するように、願かけやおまじないをするといいといわれています。満月は新月で始めたこと成就するタイミング。さまざまな結果が出やすいので、新月で決めた夢や目標の進み具合を見つめ直すことに適しています。もし改善点が見つかったら、欠けていく月の期間で修正していきましょう。

2022年「太陽の運行」スケジュール

2022年「太陽の運行」スケジュール
2021年12月22日 山羊座入り
2022年1月20日 水瓶座入り
2022年2月19日 魚座入り
2022年3月21日 牡羊座入り
2022年4月20日 牡牛座入り
2022年5月21日 双子座入り
2022年6月21日 蟹座入り
2022年7月23日 獅子座入り
2022年8月23日 乙女座入り
2022年9月23日 天秤座入り
2022年10月23日 蠍座入り
2022年11月22日 射手座入り
2022年12月22日 山羊座入り

◎太陽があらわすこと

 占星術の世界では、太陽という惑星は中心的な存在です。なぜなら、占星術を使って占うとき、出生図の太陽の位置は、自分そのもの、自分らしさを意味するからです。太陽が星座を移動するときは、季節の変わり目であることが多いので、健康に気をつけるようにしましょう。

2022年「水星の運行」スケジュール

2022年「水星の運行」スケジュール
2022年1月2日 水瓶座入り
2022年1月26日 山羊座入り
2022年2月15日 水瓶座入り
2022年3月10日 魚座入り
2022年3月27日 牡羊座入り
2022年4月11日 牡牛座入り
2022年4月30日 双子座入り
2022年5月23日 牡牛座入り
2022年6月14日 双子座入り
2022年7月5日 蟹座入り
2022年7月19日 獅子座入り
2022年8月4日 乙女座入り
2022年8月26日 天秤座入り
2022年9月23日 乙女座入り
2022年10月11日 天秤座入り
2022年10月30日 蠍座入り
2022年11月17日 射手座入り
2022年12月7日 山羊座入り

◎水星逆行期間

2022年1月14日~2月4日
2022年5月10日~6月3日
2022年9月10日~10月2日
2022年12月29日~2023年1月18日

◎水星があらわすこと

 水星は、思考や学び、コミュニケーションといった知的能力を司る惑星です。水星が巡行しているときは、これらのことがスムーズに運びます。逆行とは、惑星が通常の軌道を逆向きに進むように見える現象のことですが、水星の逆行中は、コミュニケーションのトラブルや通信機器や交通機関のトラブルが起こりやすいといわれています。

2022年「金星の運行」スケジュール

2022年「金星の運行」スケジュール
2021年11月5日 山羊座入り
2022年3月6日 水瓶座座入り
2022年4月6日 魚座入り
2022年5月3日 牡羊座入り
2022年5月28日 牡牛座入り
2022年6月23日 双子座入り
2022年7月18日 蟹座入り
2022年8月12日 獅子座入り
2022年9月5日 乙女座入り
2022年9月29日 天秤座入り
2022年10月23日 蠍座入り
2022年11月16日 射手座入り
2022年12月10日 山羊座入り

◎金星逆行期間

2021年12月19日~2022年1月29日

◎金星があらわすこと

 金星は、愛と調和、金銭、美などをあらわす惑星です。順行しているときは、これからのことがスムーズですが、逆行中は人間関係や愛情関係がうまくいかなくなったり、お金のトラブルが起こりやすくなったりするので、注意が必要です。

2022年「火星の運行」スケジュール

2022年「火星の運行」スケジュール
2021年12月13日 射手座入り
2022年1月24日 山羊座入り
2022年3月6日 水瓶座入り
2022年4月15日 魚座入り
2022年5月25日 牡羊座入り
2022年7月5日 牡牛座入り
2022年8月20日 双子座入り

◎火星逆行期間

2022年10月30日~2023年1月13日

◎火星があらわすこと

 火星は外へ向かって自分を表現するモチベーションやパワー、行動力、エネルギーをあらわす惑星です。順行しているときには、これらの力を発揮できますが、逆行するとエネルギー不足になったり、イライラしやすくなったりするので注意が必要です。

2022年「木星の運行」スケジュール

2022年「木星の運行」スケジュール
2021年12月29日 魚座入り
2022年5月11日 牡羊座入り
2022年10月28日 魚座入り
2022年12月20日 牡羊座入り

◎木星逆行期間

2022年7月29日~2022年11月24日

◎木星があらわすこと

 木星は、拡大・発展をあらわす惑星です。幸運の星と呼ばれ、移動した日から約1年間、世の中のムードや流行に影響を与えます。木星が順行している間は、幸運がやってくる気分を満喫できますが、逆行すると幸運にあぐらをかいてはいられなくなります。逆戻りすることが大事になってきます。一度過去を振り返ってみて、やり残した課題を再び行う必要があると、木星は告げています。手に入れるはずだったもの幸運を再び見出す作業をすることで、幸運を逃さずに済むでしょう。

2022年「土星の運行」スケジュール

2022年「土星の運行」スケジュール
2022年1月~12月 水瓶座を運行中

◎土星逆行期間

2022年6月5日~10月23日

◎土星があらわすこと

 土星は、克服するべき課題や試練、鍛錬を象徴する惑星です。順行している間は、やるべきことがしっかり見えて、どっしりと腰を据えて努力ができます。逆行の期間中は、限界や課題が浮き彫りになり、忍耐が試されるちょっとつらい時期になります。計画通りに物ごとが進まなかったり、役割や責任を重荷に感じやすくなったりするかもしれません。

2022年トランスサタニアン(天王星・海王星・冥王星)

天王星
2022年 牡牛座

海王星
2022年 魚座

冥王星
2022年 山羊座

◎天王星・海王星・冥王星の逆行期間

天王星
2021年8月20日~2022年1月19日
2022年8月24日~2023年1月23日

海王星
2022年6月28日~2022年12月4日

冥王星
2022年4月30日~2022年10月9日

◎天王星・海王星・冥王があらわすこと

 天王星は変化や意外なことを、海王星は理想やイマジネーションを、冥王星は極限や大変動を象徴する惑星です。逆行中は、これらのことが個人レベルというよりも、世の中全体の流れや風潮、事件、出来事となって、日々の生活が変わっていく可能性があります。何が起こっても冷静になり自分を見失わないことが大切です。

まとめ

 来るべき2022年の星の運行を参考にして、新たな気持ちで理想の未来を創造していきましょう。逆行の期間は注意が必要ですが、備えあれば憂い無しです。きちんと心に留めて注意をして過ごせば、怖れることはありません。2022年が、あなたにとって最高の年であることを願ってやみません。

(紅たき)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事