【心理テスト】目の前に出現した虫でわかる、あなたが気にせずにいられないこと

【心理テスト】目の前に出現した虫でわかる、あなたが気にせずにいられないこと

結果

診断できること
「気にせずにいられないこと」

 「虫の居所が悪い」「虫がいい」「虫がこみあげる」「虫の知らせ」など、「虫」を使った言葉が多くあります。共通する意味合いには、気になるものがあげられるでしょう。目の前にあらわれた大きな虫は、あなたが今、気にせずにいられないことに意味付けられるのです。

A:コオロギ……目先のこと

 パワフルな脚でジャンプする「コオロギ」です。あなたが今、気にせずにいられないことは、目先のことでしょう。抱えている問題や恋愛の悩みなど、リアルタイムで進行している事柄が気になって仕方がないあなた。大小さまざまな課題を前に、それが解決して心の晴れ晴れしさを手にした途端、どんな未来であろうとうまくいくと確信することがあるのでは? 心の浮き沈みに左右される人です。

B:アリ……将来のこと

 コロニーのために歩き回る「アリ」です。あなたが今、気にせずにいられないことは、将来のことでしょう。趣味や楽しみを考えながらも、お金や仕事、結婚といった将来のことが思い浮かび、期待と不安の入り混じった気持ちになることがあるのでは? 一歩ずつ、地に足のついた歩みで、確かな未来を目指したいあなたなのでしょう。利己と一緒に利他を見つめられれば、心配は減っていくはず。

C:ハエ……周りのこと

 いつの間にか出現し、ブンブンと飛び交っている「ハエ」です。あなたが今、気にせずにいられないことは、周りのことでしょう。ハエがたかることが語源となった「バズる」のように、流行やウワサなど他人の騒ぎが気になって、自分のことに集中できないところがあるのでは? また、バズらせたい気持ちが強く、自らが発信するためのネタを探して、キョロキョロしているところもありそうです。

D:イモムシ……心残りのあること

 虫の幼少期の姿をした「イモムシ」です。あなたが今、気にせずにいられないことは、心残りのあることでしょう。忘れられない過去や後悔、未練など、消化できない過去の出来事があなたの心を縛っているのです。這ってきた軌跡を描くイモムシのように、いつでもきた道をたどり、時間を逆戻りすることができる状態にあるのでは? 終わったことに引きずられてしまう未熟さが原因です。

 気にすることで問題が解決したり、さらなる難題を招かずにすむなら、気にしたかいがあります。しかし、何も変わらず、気分だけが沈んでしまうなら、心労だけが募ってしまうことに。「病は気から」にならぬよう、注意が必要です。
(LUA)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事