血液型【電車の運転見合わせ】あるある A型はその場で待つ、B型は諦めてどこかで時間をつぶす!

 電車の遅延はよくあることですが、完全に止まってしまう「運転見合わせ」は本当に困りますね。そんなとき、あなたはどうしますか? どんな気持ちで、どんな行動をとるでしょうか。血液型別にみてみましょう。

A型……やきもきしながらその場で待つ

 運転見合わせになったけれど、復旧までどのくらい時間がかかるのか。なかなかアナウンスがないこともあります。そんなとき慎重なA型は、すぐにタクシーの列に並んだり、バスを探したりといった行動には出ません。少し待てば動き出すこともあるし、下手に別の手段を取るより結果的に早く行けるかもしれないから、としばらく様子をみます。それでも時間は気になるので、やきもきしながらその場で待つのですが。

B型……仕方ないと諦めて時間をつぶす

 マイペースなB型は、電車が運転見合わせとなれば、さっさと諦めて、電車が動くまでの時間をつぶすことを考えます。運転再開の情報など詳しい状況がわかるまで、とりあえず駅の近くのカフェなどに陣取ります。こういった店はすぐに席が埋まってしまうので、早い行動が決め手です。スマホで逐一、運行情報をチェックしつつ、お茶を飲みながらSNSをみたりして過ごします。

O型……何とかたどり着く方法を探す

 臨機応変な性格のO型は、電車が運転見合わせになったら慌てることなく、ネットで乗り換え案内や迂回ルートを調べます。最適ルートが見つからなければ、タクシーを使ったり、歩いて目的地に向かうこともあるでしょう。電車が動かない状況なら、電車以外の方法を探るのです。何とか目的地にたどり着いたとき、すでに運転見合わせは解除されて動き出していた、なんてこともありがちですが。

AB型……遅れのために生じるトラブル対処を考える

 観察力が鋭く、広い視野で物ごとを見つめるAB型。運転見合わせをどう乗り切るか思案するのと同時に、遅れたことへの対処にも考えをめぐらせます。相手がいる場合は、事情の説明やお詫びの連絡は即。1人のときでも、予定が狂ってしまったことをどう取り戻すか考えます。運行状況についても、人の動きやネットの書き込みを参考にして、やたらに動かず冷静に対応するでしょう。

 運転見合わせのトラブルは、不可抗力なので仕方ないことです。しかし、そんなときの行動にこそ、その人の性格がよくあらわれるのではないでしょうか。慌てずに、冷静に対処したいものですね。
(望月アンシア)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事