【火星占星術】2月14日~3月31日の火星的運勢 牡牛座は意志の力がパワーアップ!

 2月14日、火星が「牡牛座」に移動します。火星は行動力や意欲、闘志といったパワーを司る天体であり、牡牛座は身体感覚や現実性、意志の力をあらわすサインです。今後は「自分のやりたいことに粘り強く取り組む姿勢」がいつも以上に評価を集めるようになるでしょう。

 また、牡牛座は着実性を重んじるので、五感で確認しながら進めるようなスローな動きが出てくることも。注意したいのは、感情の突発的な暴発。マグマ噴火のような事態に警戒しましょう。

牡牛座火星期(2月14日~3月31日)の過ごし方

・粘り強く取り組む姿勢が吉!
 物ごとを簡単に諦めない粘り強さが出てくるときです。この機会に、やるべきことをしっかりやり遂げるようにしましょう。しぶとく頑張る姿勢が称賛とツキを集めます。

・スピードより着実性を大切にしよう
 軽快な器用さよりも、確かな安定感に軍配が上がるときです。時間をかけて納得のいく仕上がりを目指しましょう。「着実・丁寧」にパワーを使うと運気がよくなっていくでしょう。

・怒りの噴出には要注意
 牡牛座は、怒りをため込む性質があります。このため、一度「決壊」すると、その勢いはすさまじく、すべてを台無しにしてしまうことも。火星が牡牛座にあるときは、ため込んだ怒りをブチまけないよう要注意です。

星座エレメント(星座グループ)別火星的運勢

 火星が自分のホロスコープのどの位置にあるかを調べると、現在のエネルギーの状態やパワーを向けるべき分野について知ることができます。牡牛座火星期である、2月14日~3月31日の運勢をエレメント別にみてみましょう。

・火の星座(牡羊座・獅子座・射手座)……粘り強く成果を上げる
 社会のハウスに牡牛座の火星が入るこの時期は、仕事に意欲が向かうとき。成功への欲が出てきて、粘り強く頑張れるようになるので、着実に成果を上げていけるでしょう。ただ、オーバーワークによる健康への悪影響にはご留意を。

・地の星座(牡牛座・乙女座・山羊座)……意志の力がパワーアップ
 意志のハウスに牡牛座の火星が入るこの時期は、自分のやりたいこと、あるいはやり方に徹底的にこだわる姿勢が出てきそう。意志の力が強化されるときなので、たいていのことは思い通りにいくでしょう。人生を勝ち取れるときです。

・風の星座(双子座・天秤座・水瓶座)……主観的な行動が多くなりそう
 感情のハウスで牡牛座の火星が輝くこの時期は、快不快の感覚が感情に強い影響を及ぼすようになりそう。また、主観的な行動が多くなり、自分と同質のものを好むようになることも。人間関係に偏りが生じやすいときです。

・水の星座(蟹座・蠍座・魚座)……人付き合いに安定感が出てくる
 交流のハウスで牡牛座の火星が輝くこの時期は、人付き合いに安定感が出てきます。ただ、個人に対する興味は減るので、人間関係の結び付きは弱まるでしょう。意見が対立した場合、自説を譲らない頑固さがあらわれそうです。

 牡牛座の火星パワーは、持久力が並外れているのが特徴です。諦めない力を味方につけて、人生を切り拓いていきましょう。
(夏川リエ)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事