【2月の惑星予報】感情に翻弄されやすい1カ月 意思をしっかり持って過ごそう!

――太陽が昼と夜を決め、月が潮の満ち引きを決めるように、普段意識していない天体・惑星も私たちに影響を与えています。惑星予報で1カ月の星の動きを知り、惑星パワーを上手に使っていきましょう!

2月の惑星予報

『停滞と波乱が混在』のち、『穏やかな癒やしのときが訪れる』

horo19_2
★2月の注目DAY★
(1)2/4……金星が山羊座へ。伝統的なものがラッキーに。
(2)2/14……火星と天王星が重なる。アクシデントに注意!
(3)2/18……金星と土星が重なる。恋愛に暗雲がかかりそう。

2月の主な惑星の動き

 2月は逆行している惑星が1つもなく、すべてが順行している状態から始まります。本来、スムーズに物ごとが進みそうな星回りなのですが、惑星同士の結び付きは不穏な配置が多く、ハードな威力を発揮しそうです。

 とりわけ目立つのは、火星がつくる角度です。月初は冥王星とハードに結び付き、中旬には天王星と重なり、健康面の無理や事故など、突発的なことが起こりやすい暗示。他者との揉めごとなどにも注意が必要でしょう。身のまわりの安全や心身のストレスケアなどに気をつけて過ごしてください。

 木星と海王星も、白昼夢や怠惰の中に埋没しそうなハードな結び付きを形成しています。このリンクは比較的長いこと続いているので、年末年始からすでに、ずっとやる気が出ないとか目標を見失ってしまっている、という状態の人もいるかもしれません。

 そして下旬に迎える満月は、今年一番の大きさとなるスーパームーン。近地点まで月が近づく影響で、感情も揺さぶられやすくなります。

 しっかりと自分の意思を持って、瞬間的な怒りや諦めに左右されないでいきたい1カ月です。

2月の注目DAYはこう過ごそう!

(1)2/4……歴史や伝統に触れて開運しよう
 金星が山羊座へと移動します。山羊座は社会性や伝統を象徴する星座。金星が司る恋愛や趣味などが保守的になりそうな暗示です。しかも山羊座は、土星や冥王星が長期滞在しているエリア。喜びごと全般に暗雲を感じるようなことも断続的に起こりそうです。逆にいえば、じっくり愛情を育てることや、長く続けたい趣味や金銭計画などにはいいとき。山羊座の金星は、歴史的建造物や伝統芸能などの美しさなどに触れると開運しやすくなるので、暗雲を感じた人は訪れてみましょう。

(2)2/14……感情的になるのはNG! 決断は見送りが吉
 牡羊座エリアの終わりの位置で、火星と天王星が重なります。行動力の火星と、独自性の天王星の重なりが象徴するものは、自由や革新への暴走。権力者への反抗心も強くなります。この日は、職場の上司など目上の人との揉めごとに注意が必要です。また恋愛においても、いつもよりイライラすることが起こりがち。バレンタインデーなので恋人と会う人も多いと思いますが、感情的に怒らないよう気をつけて。この日は頭にくる出来事があっても、すべては星のせいにして、決断は下旬以降にしましょう。

(3)2/18……イマジネーションの方向性に注意
 4日に山羊座エリアに入ってきた金星が、制限・停止を象徴する土星と重なります。恋愛や楽しみに関してストップがかかりそうな配置。愛情への疑問が湧いてくるようなことも起こりそうです。またこの日は、知性の水星も、幻想の海王星と重なります。豊かなイマジネーションに恵まれる配置ではありますが、悪い想像も止まらなくなる暗示です。この2つの組み合わせによって、現実離れした疑惑や妄想に悩まされることになりそう。この前後数日は考えすぎないようにしましょう。

 年末年始以降、火星や海王星の暗躍により健康面の不調や気力の低下を訴える人が多くなっています。でも2月下旬にはこの星回りも落ち着き、徐々に回復傾向です。それまでは自分をしっかり持って乗り切っていきましょう!
(永沢蜜羽)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事