2019年の干支・亥の置物は金運アップに効果的、玄関に飾ればパワー増幅!

 毎年、年末から年始にかけて発売される干支の置物。十二支は古来より縁起のいい動物で構成されていますから、その置物も当然、縁起のいいアイテムとなります。毎年新しい置物に替えることで年の区切りを意識でき、新たな気持ちで年を迎えられると同時に、その年の干支を敬い感謝する気持ちになり、開運につながるのです。

 2019年の干支は「亥」。亥年の運勢や意味、干支の置物を使った開運方法を紹介します。

2019年は「静観」の年

 十二支の最後の年にあたる「亥」の年は、万物が地上に閉ざされる「静観」の年です。パワーは奥深くに内包され、じっとチャンスをうかがう運勢になります。ゆえに2019年は、やみくもに動き回るより状況を見守ったほうが吉となるでしょう。いろいろと迷いが生じやすくなるので、無理に決断を下さないことが大切です。大きな動きは控え、地道にコツコツと物事に取り組むことで運気が上がるでしょう。

亥の置物は金運アップに効果的!

 イノシシの肉は万病を防ぐといわれ、風水では「無病息災」を象徴する動物です。その堂々とした風格には「大物」の意味もあり、あくせくしなくても生活に困らない運があるため、特に金運にはとてもいいとされます。ほかにも家内安全や商売繁盛など、さまざまないい運気を呼び込むことができるでしょう。

白やシルバーの金属製を選んで

 亥の置物にもいろいろな種類がありますが、最も開運効果が高いのは、「白色」「シルバーなど光りもの」の置物です。2019年は、正確にいうと亥年の中でも「己亥(つちのと・い)」の年。五行でいうと己は「土」、亥は「水」となります。土の気と水の気を中和する「金」を取り入れることで気のバランスがよくなり、運気が上がるのです。金属製がベストですが、白色や、シルバーで光っているものであれば十分効果はあります。

「玄関」に飾っていい運気を増幅!

 運気が上がる置き場所は、なんといっても玄関です。玄関は陽の気が入ってくるパワースポットですが、それだけでなく陰の気も入ってきます。干支の置物はその年の陽の気と引き合うため、陰の気を押しのけて、その年のいい気だけを家の中に通してくれるのです。また、玄関という「家の顔」である場所に置くことで、その干支自体が持ついい運気を増幅させ、より開運へと導いてくれます。風水では亥の方角は北北西なので、北北西の部屋から家の中心に顔を向けて置くといいでしょう。

 干支の置物には、私たちが思う以上の深い意味と開運効果があります。その年の干支を飾り、干支が持ついい運気を十分に取り込むことで、さらなる幸運がやってきますよ!
(明石実夕)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事